夢人 Comono湾フグ 超繊細ティップ

優良釣具販売評価術
釣具マニアです。
湾フグはかなりマニアックな釣りです。
水深10mにもならない
浅場で5m、深場でも14mぐらいの
水深を狙う東京湾のフグ釣りは
8号から10号の中通しオモリの軽めのカットウ仕掛け。
この乗合船ではあまり使われないような軽量なオモリの為
繊細さを要求されるのですが
初心者と熟練者との差が大きくものを言うのは
釣り人に竿から伝わるインプット情報を
どうアウトプットするかによるものだと思います。
アウトプットするにしても
インプット情報は多い方がよい
勿論、釣りですからその情報は
魚から伝わるアタリということになるのですが
この湾フグ釣りはアタリが非常に繊細で、分かり難い
そのため穂先に繊細さと感度を要求します。
アルファタックルの夢人Comono湾フグは
この要求条件を結構満たしてくれます。
湾フグ竿の中でも 
穂先の繊細さでは湾フグ竿の中で
1、2を争うほどの
繊細(しなやか)な穂先。
そしてその繊細さを補う最新のガイドシステム。
そのガイドシステムというのがよく出来てる。
湾フグ竿に限らずソリッドタイプの繊細な穂先に
小さなガイドを多点に取り付けるには
理由があります。
たとえばロッドが曲った時ラインとロッドのカーブが
限りなく沿うように一致したほうが良い
これはブランクにかかる力を均質にする。
特に先調子でより穂先が繊細であればあるほど
穂先は折れやすく
穂持ちは魚を掛ける為に張りを持たせるような
湾フグ竿は特に折れやすい。
そのため穂先のブランクにかかる力の均質化は必須なのです。
勿論、冨士工業のグループ企業のブランドだけに
夢人 Comono湾フグは多点ガイド
しかもSic で絡みにくいKRコンセプトの
マイクロガイドなのである。
多点以外にもガイドをマイクロ化することで先重りがなく
そして
従来のガイドシステムと比べると
ロッドの上を通るラインは低い位置に保てるため
ガイドから発生する捩れトルクも少なく抑えられる。
このガイド搭載のすることで穂先は
折れ難く、ロッドのパワー最大限に生かせ、捩れず、
感度があがることになるのである。
よくあるハイエンドモデルとエコノミーモデルとの差に
気がつくのは穂先についている
ガイドの密度
エコノミーモデルは疎であるのに対して
ハイエンドモデルになればなるほど密になるのであります。
夢人 Comono湾フグの繋ぐ穂先の長さは約55cm
この長さに対して11個のガイドが密に取り付けられており
実に総ガイド数は14個と1.7mの竿としては非常に多い!
そのため繊細な穂先と相まって
底立ちを取る事が容易。
アタリの出方が命の専用湾フグ竿としての特徴を先鋭化させるように
押さえ込むような穂先のアタリ、
震えるようなアタリの
目感度情報もすぐれ、
手元に伝わるアタリので方も分かりやすい。
釣具マニアの今までの湾フグに使っていた竿に比べると
こんなに違うの!!というくらいアタリのインフォメーションはハッキリと多いです。
今まで本来湾フグ竿は専用竿を
買ってまでやらない釣りとのされる人が多く
高級ロッドは敬遠されがちです。
理由は
穂先が柔らかく極端な調子の為に
穂先が折れやすいのが欠点とされ
とても高級竿を買えないということらしい。
所が夢人 Comono湾フグは13000円台で買えてしまう。
釣具マニアは大きめな50オーバーのエイを掛けた時に
周りの注意を聞かず
小型両軸のドラグをフルロックして
ポンピングして強引に寄せて来ましたが
問題なく取れてしまいました。
船中で先輩のK氏も同じようなサイズのエイを強引に寄せてきたことを考えると
安いのに穂先から穂もちにかけて十分剛性を考えた造りになってると思います。
またアルファータックルの夢人 Comono湾フグは
穂先を保護する為に
シリーズ中唯一、穂先保護の為に
穂先を尻栓に差し込んでブランク内部にしまう構造
そう
ヘチ竿と同じような収納構造を持っていることが
特質として上げられます!
穂持ちは瞬間的にショートピッチの合わせを多様する湾フグ釣りで
思い描いたようなタイムラグのない合わせが出来る上に
カットウ仕掛けをピッチングでキャストすれば
気持ちよく反発して精度あるキャストできることも
お買い得な竿と言わなれる理由です。
最後に
良い所しか説明しないのも何なんで・・・
少し気に入らない所も報告します
夢人 Comono湾フグは表面の処理に少し雑な所があります。
釣具マニアの湾フグ170ですが
トップガイドのラッピングに少しエポキシが雑に盛っていた
この発見に
先輩のK氏からは
細かすぎ
ワインディングチェックに0.2mmエポキシがはみ出していた
先輩のK氏からは
神経質すぎ!
尻栓裏の穂先の差込口がやや中心線よりずれていた
先輩のK氏からは付き合いきれん
病院行け!!
と罵られましたが・・・

コメント

  1. 鱚ing より:

    自分の竿を検索していたらたどり着いたのでご挨拶を。
    当方東京湾のキスを通年船で釣っております。
    この度、竿を新調をしたのですが、それがアルファの湾フグ190です。
    市販のキス竿はどれもペナペナで納得行く調子のものがない中で湾フグに出会いました。
    購入してすぐにトリガーを切除してスピニング装着に敵うようにし実釣しました。
    穂先が柔らかく胴の張りは申し分なく、まさに理想のキス竿となりました。
    ムダに風を拾うこともなく、ラインアタリを感知するのも優れていると評価できます。
    ただ、グリップエンドが長すぎるのでこれは切断してコーティング部まで詰めました。
    もちろんアルミのソケット部分はオスメスとも
    再装着して穂先の収容機能は活きています。
    この改装で182センチになった9:1のかけ調子で夏の最盛期はもちろん、
    真冬の落ちキスも自由自在に釣って行きます。