大多数の人が考えるサーフの本格的な並継ぎ・振出投げ竿の選び方

投げ釣り

こんにちは釣具マニアです。



投げ釣りには堤防で投げるちょい投げから

サーフで投げる本格的な投げ釣りまであります。



実際 ルアーまで含めるとほとんどの釣りには「投げる」という行為が発生します。



ポイントまで届ける方法は 船などで移動する以外は投げるしかないからです。



それでは皆さんが投げる事で一番気にしてるのは

飛距離ですよね。

できるだけ遠くに飛ばしたいという願望は

魚を釣るの次くらい重要なテーマではないでしょうか。



さて・・・

飛ばすことに関して投げ釣りの右に出る釣りはないでしょう。



200m以上飛ばす釣りなんて他にないですから・・・。



飛距離を出すために最重要なのが投げ竿ですよね。

高速でオモリを射出する、大砲の砲身みたいな役目です。



ですから飛距離 は投げ竿次第で大きく が変わります。

となると

他の人はどんな投げ竿を使っているのだろう?

という事がやっぱり気になりますよね!



周りの人の選び方を参考にしたいですよね。



今回は大多数の人が選んだ投げ竿を参考にしてから投げ竿を買いたい人向けの記事です。

釣具マニアのおどろおどろしい解説を付け加えますので

是非とも参考にしてください。



それで多くの人がどんな投げ竿を選んでるかというと



並継ぎはシマノ サーフランダーかダイワ プライムサーフ。

オモリ負荷はシマノCX、ダイワ30号。

振出投げ竿は圧倒的にサーフリーダーCX 405。

を大多数の方が選ばれております。



今回は皆さんが最低でも6色

憧れの8色投げる為の本格的な投げ竿に的を絞っております。



選択には

大多数の方の好みなので釣具マニアの好みは反映してません。



ただし

何故人気なのについてかは釣具マニアの解釈を付け加えています。



投げ竿はオモリ負荷が高いほど金額も高くなります。

それは物理的な力だけの勝負なので誤魔化せません。

弾の初速=距離となるからですね。



ですから投げ竿を購入する方はオモリ負荷を一番気にされています。

そしてオモリ負荷が最高のAXともなりますと

それなりの高弾性ブランクスで竿を作らければならないため

フラッグシップモデルのAX負荷の投げ竿は20万を超えます。
(シマノはオモリ負荷高い方からアルファベット順で表記している。
AX、BX、CX・・・というような)



もちろん釣り道具屋さんは

このような竿がたくさん売れたら大儲けができる訳です。



ところが

AXの竿を曲げるのは簡単ではありません。



使えば誰でも飛ぶ竿なら、みんなAXを選ぶでしょう。

自分の体格、筋力を考慮しないと逆に飛距離が落ちてしまいます。

このような世界が投げ竿なのですが・・・。



これに逆らうように、無理やりブームを作ろうとした慣れの果て・・・

みたいな話を一つ。



こんな事を聞いた少し疑ってください・・・・。

投げ竿は硬ければ遠くまで飛ぶぞ!

早く買わないと無くなってしまう。

遠投の世界から乗り遅れるな!!

実はあるキャンペーンがあったのです。



ここは某釣具店

投げ竿で あなたも遠くまでぶっ飛ばそうキャンペーン実施中。



店長と店員が赤い半被の後ろに「曲げたら勝ちと」と白抜きで

でかでかと書いてる文字が痛々しい・・・。



さて・・・

その中で声高にAX負荷の投げ竿を客に

「買わせろ!」

と大口を開けて叫んでいるのが本部から来たキャンペーンの担当。

俺の名前は

坂東 倭権ノ兵衛 則遅流蔵(ばんどう わごんのひょうえ のりおくれるぞう)です。



また下らないプロジェクトを企画しやがって

と みんな思ってるのだが・・・。



なんでも 

高い竿を売りつけろ!

利益を出せ!

という事で

あなたもAXを曲げようぜ!!というキャッチコピーで

大々的に投げ竿を流行らせようという事らしい。



なんか・・・・向こうの方で

「乗り遅れるな! 竿を曲げろ! 8色飛ばせ!!」

とか・・・

「為せば成る! AXを曲げなければ人にあらず!」

と奇妙なシュプレヒコールをあげている・・・・。



硬い竿ほど遠くに飛ばせるよ! 8色飛ばしたかったらAXの投げ竿を使おう。

と流行らして・・・・

高い竿を売りつけて一儲けすしたいらしい。



確かにオモリ負荷が高いAXを曲げることができれば遠くに飛ばすことはできますが

普通の人がAXなんか曲げられる訳がないのである。



そう言う話をすると・・・

坂東 倭権ノ兵衛は

「重いオモリを背負わせれば誰でも曲がる」

のだと、酷薄な笑いを浮かべるのだ。



そういうと

店長以下店員を集めて

「乗り遅れるな!!」

とまた連呼している・・・。



そして1ヵ月後・・・

このキャンペーンのせいなのか

投げ竿 AXが飛ぶように売れだした。



なんと投げ竿のAXブームが起きたのです。

売上、利益急上昇だ。

坂東 倭権ノ兵衛がもっともっと在庫を増やせと!!

俺が売ってやる!!

「ぎゃははは~」と高笑い。



そして

2ヵ月後

AXの投げ竿は突然売れなくなった・・・・。



「乗り遅れるな! 竿を曲げろ! 8色飛ばせ!!」

「硬い竿ほど遠くに飛ばせるよ! 8色飛ばしたかったらAXの投げ竿を使おう」

連呼してAX売りつけようとしているが・・・。



「お客さん AXなら2割引きますぜ」

「あ~AXね そんな硬い竿を曲げるの大変だからさ~ CXないかな」

「・・・・ (ー ー;)

「最近、釣り場でAXの投げ竿て使ってさあ、ぜんぜん飛ばなという人多いよな
中には曲げようとして腰を痛めた人いたんだよな~
あれ、ぎっくり腰だな」

「・・・・ (ー ー;)

「あんたたち言ってたな 乗り遅れるな 腰を曲げろ 変な物飛ばせ!! Σ(゚Д゚|||)

だっけか?」

「・・・・ (ー ー;)

どうやらブームは早くも終焉したようです・・・。



さて坂東 倭権ノ兵衛ですが

本社からAXの投げ竿の在庫をどうするのか?

と小一時間問い詰められたらしい・・・。



冷たい脂汗をかいていると

悪い事は重なるようで・・・・。



AXを騙されて買わされたという消費者団体に囲まれて

海岸まで連れていかれてしまいました。



「おまえか! 飛ばしたかったAXを使えと言ってた奴は・・・
それなら貴様がAXを曲げてみせろ」

と言われている・・・・。



「えええ~」

「お前なら曲げられるのだろう?
なにしろ、このキャンペーンを考えたのだからな」



「・・・・」

「曲げてみせ~~い」

「はいっ」

「・・・何やってんだ・・・・ (ー ー;)

「えっと・・・曲がってみました ( ̄∇ ̄;)

腰をクィック、クィック へ( ̄_ ̄へ)(ノ ̄_ ̄)ノ

「・・・お前が爺さんみたい腰曲げてどうすんだよ ( ̄^ ̄)ゞ 」

「えっ・・・ (꒪꒪)



「えっ じゃないよ、お前じゃなくてAXの竿を曲げてみろ」

「そ、それでは・・・・」

ボキッ!

「関節鳴らして折れた音演出しなくていいから
AXの投げ竿を曲げてみろ」



「ハイっ (꒪꒪)

と言ってズボンを脱いで腰を前に突き出します。

「最初から曲がってま~~す (❁´ω`❁)

「・・・ ( ̄■ ̄)」

「こいつのGXを叩き切れ!」

「そ、そんな~~~」

高い竿を売りつけようとして

無理やり作為的に作られたブームを演出しようとしましたが

そもそも多くの人が求めてる物では無かったのです。



需要が無いので早く廃れてしまいしたね。



ただし数十年の時をかけて好まれ、使われた物は

大多数の人たちが思い、悩み、考えた末の集合である。



それが100正しいとは言えないが

長い間の大多数の意見は市場の需要に即したもの。

多くの人の嗜好を参考にしても良いのではないでしょうか。



という事で今回は

投げ竿を買う人たちの大多数の意見を集約して

多くの人たちが買う投げ竿と同じ物がいいんじゃないのという事で

多数意見・人気から選ぶ投げ竿の選び方です。



とはいえ・・・

リサーチ会社じゃない、ただの釣り道具好き

根拠のあるデータなど揃える力はありません。



ですから

投げ釣り歴3000万年を誇る釣具マニアのサーフで生々しい人との会話。

サーフでの人が使ってる投げ竿の観察。

釣り道具屋で店員さんに聞いた話。

というレベルの話・・・。

でお読みください。

投げ竿を選ぶ時、多くの人が好む仕様、メーカー、シリーズ

皆さんに好まれているメーカー、シリーズ、仕様について大多数の意見をもとに

投げ竿の選び方を考えてみたいと思います。



投げ竿の気にする項目は大きく分けて下記の5です。

①並継ぎ、振出の投げ竿どちらにするか?
②投げ竿のメーカーは?
③本格的な投げ竿のオモリ負荷は?
④本格的な投げ竿の長さは?
⑤皆が選ぶ投げ竿のシリーズは?


大きく分けてこの5つステップを踏んで、

多くの人が好む投げ竿の選び方の話をしてまいります。

投げ釣りなら遠くまで飛ばせる方が有利

殆どの人は遠くまで飛んだ方が有利と思っている。

そうじゃない時もたまにありますが・・・・。

多くの色々な釣りで飛距離はプレミアムです。

価値は飛距離なりなのです。

それでは投げ竿には並継ぎ、振出竿2種類あるが

どちらの方が遠投力があるのでしょうか?



答えは簡単で並継ぎです。

それなら投げ竿は並継ぎだけでもいいでは無いかと思うのですが

メーカーは並継ぎ、振出両方のラインナップが充実しているのは

何なのでしょうか?

ステップ① 並継ぎ投げ竿と振出投げ竿違い

サーフで6色から8色まで飛ばせるのが

本格的な投げ竿だと釣具マニアは定義しますが



8色飛ばすには少し役不足感がある振出投げ竿

いったいいかなる時に使うのだろうか・・・。



釣り場で観察してみた。



釣り場によりますが西湘あたりの海岸で使う人はあまりいない。



三浦海岸あたりだと使用頻度が増えますが

サーフはでは振出投げ竿が主流ではないようです。



振出がメインで使われるのは堤防の置き竿

堤防では大多数の人は振出投げ竿が主流だ。

どんな理由で振出投げ竿なのでしょう?



振出が堤防で使われる理由ですが

  • 竿の持ち運びです。
  • 場所を取らないキャスト方法で飛ばす竿の作り方。

の2点。

両方ともかなり重要です。

竿の持ち運び

振出投げ竿はたたむとき1本に仕舞える事が有利ですね。

それに比べて並継ぎは竿を3本に分けなければならない。



もし・・・堤防で3本置き竿として並べたいなら

並継ぎ投げ竿は竿をたたんだ時合計9本にして持ち運ばなければならない。



ロッドケースに入れればいいと言うが

長い棒を9本はかなり移動を阻害する。

場所を取らないキャスト方法で飛ばす竿の作り方

なんか訳の分からない言い方ですが・・・。



堤防でV字、回転投法をするにはスペースが無さすぎます。



まず人を中心に

竿4m+仕掛け2m=合計6mの半径

を振り回すこのような投法を 堤防ですれば

ヒンシュク所かケガ人まで出る可能性があります。



また足場が不安定なテトラ帯も考えられるので

足のステップ自体を少なくしなければならない。



ですからサーフと違い キャスト方法はオーバーヘッドキャストの一択です。



オーバーヘッドキャストで飛距離が出るように柔らかめに作られているのが

振出投げ竿とも言えます。

サーフで大多数の人が使ってる人の並継ぎ投げ竿と振出投げ竿の割合

大多数の意見(サーフの場合)

7割 並継ぎ投げ竿
3割 振出投げ竿


釣り場でによって比率が違うので観察してみた。

西湘あたりの海岸で振出投げ竿を使う人はあまりいない。

並継ぎ9 振出1ぐらいだ。



三浦海岸あたりだと振出投げ竿の使用頻度が増えますが

並継ぎ6 振出4と釣り場によって変わる。



考察

サーフと堤防での共用を考えているのか

並継ぎはサーフで投げ釣りする事しか考えないで選んでいるが

振出投げ竿は堤防との併用を考えてDXからBXとオモリ負荷の範囲は広いように思えます。

ステップ② 投げ竿のメーカーは何処が好き大多数の意見は?

投げ竿のメジャーメーカーは2社と思っていいでしょう。



サーフで使ってるメーカーを観察すると

シマノ・ダイワが97%3% がまかつといった感じでした。



殆どの人がシマノ・ダイワのどちらかを選択しています。



シマノかダイワか 2社の比率は

シマノ6割:ダイワ4割



大多数の人はシマノが投げ竿のトップブランドだと思っていますが

意外と差がありません。



釣具マニアの感触ではシマノの方が投げのブランディングが立って気がしてました。



というのも

フラッグシップのキススぺのブランドのイメージが強烈だからです。

皆さん 白いキススペシャル持ってると

一発でわかるぐらい投げ釣り士の間では有名な竿でしたから。



対して

ダイワには強烈なブランドイメージを持つフラッグシップモデルは存在しない。



サンダウナーが~~~

と言ってもピンとはこないでしょう?



その割には比率が近似値なのはどのような理由なのでしょか?



釣具マニアなりに考えてみました

投げ竿2社 選ぶ所はキャストフィールの違い

キャストフィールは明確に違うと思います。



シマノは2節でめで曲げて飛ばすという役割があるからか

タイミングが決まるとぶっ飛び方が半端ない。



ただリリースするタイミング幅が短いような気がします。



対してダイワの方が振った時のイメージ シマノに比べてマイルドに感じます

竿の弾性のスポットが広いのでしょう。



投げやすさが2番手のブランドの隙間を埋めているような気がします。



爽快感はシマノより落ちますが。

スペシャリストはシマノ

一般はダイワを好むかもしれませんね。

ステップ③ 大多数の人が好む投げ竿のオモリ負荷 CX・30号

釣り道具屋さんに聞きましたが投げ竿を選ぶ際

一番気にするのがオモリ負荷のようです。



投げ竿のオモリ負荷の大多数の好みは

並継ぎと振出で違います。

並継ぎ投げ竿で好まれるオモリ負荷

シマノCX・ダイワ30号=7割
シマノBX・ダイワ33号=2割
 
シマノDX・ダイワ27号=1割

殆どの方がシマノCXかダイワ30号のオモリ負荷の竿を選ばれています。



誰にも飛ばす為の憧れはあります。

誰しも200m飛ばせれば・・・・と考えます。

それなのにシマノCX・ダイワ30号のオモリ負荷を好まれています。



大多数の一般男性はそれ以上のオモリ負荷の竿を
曲げづらいと判断してるようですね。

飛ばすなら硬い竿ですがAX、BXはやはり危険です。



シマノAX ダイワ35号 ・ シマノBX ダイワ33号は

テクニックだけでは曲げられない竿と思います。



BXは筋トレ次第では曲げられるレベルですが

AXオモリ負荷の投げ竿は特化型と思った方が良いでしょう。

AXはサッカーでいうフィジカルの強さが必要なのかと・・・。



使う人は200mを当たり前に超えるレベル。



身長170cm以上の一般男性が曲げられる並継ぎ投げ竿は

シマノCXかダイワ30号という事でしょうか。

並継ぎ投げ竿では一番汎用性あるオモリ負荷と皆んさん認識のようですね。

振出投げ竿大多数が好む振出投げ竿オモリ負荷 

振出投げ竿ですが

比率としては

シマノCX・ダイワ30号=5割
シマノBX・ダイワ33号=3割
シマノDX・ダイワ27号=2割

堤防だけではCXもBXもいらなと思いますが

サーフと堤防も兼ねる言うことで買っておられるのでしょう。



並継ぎに比べて振出投げ竿の方が柔らかい分BXを選ばれてると思います。

ステップ④ 大多数の人が好む投げ竿長さ 405m

多くの人が好む並継ぎ投げ竿の長さ 

405= 6割
425= 3割
シマノ385・ダイワ390=1割

並継ぎ投げ竿で425の割合が多いような気がします。

ちょっとですね・・・イキっておられるのかもしれません。

これは自分の感想です。

多くの人が好む 振出投げ竿の長さ

405=6割
425=4割

オーバヘッドで飛距離を出すために振出の425が多くなるのは順当だと思います。



投げ竿の長さはスイングスピードに影響します。



竿は短いほどスイングスピードが早く

長いほど遅くなります。



それはいいのですが・・・

硬い並継ぎ投げ竿の場合

振出投げ竿に比べてタメが短い。



そんな時に20cm分長いだけで振りぬくのが厳しいくなります。



並継ぎは405が圧倒的なのに対して

振出は425の長さを選択してる方の多数おられのはそのような理由かもしれません。



振出425はスイングスピードが遅くてもタメが利き

オーバヘッドで投げやすいという事ではないでしょうか。



385・390の長さを選んでる方ですが

身長が小さいとか・・・、女性とか・・・

体力的な自身が無い方が好まれるようです。

間違ってオーバースペックを買ってしまった人

振れると思って買ったしまった投げ竿。



使ってみたら硬くて振れない・・・。

特に本格的な投げ釣り未経験の方に多いのですが・・・

竿の扱い方を試行錯誤してみましょう。



大半は体力の問題ではありません。

扱いかたが悪いからだと思います。



それでも・・・もしかしたら筋力が足りないのではと感じた人は

このような人のリカバリー方法は筋トレありませ。



実は釣具マニアもそのためだけの筋トレしました。

大丈夫ですよ。

ヒンズースクワットとか

腕立てとかで鍛えるのは難しくありません。



一寸だけ筋トレすれば1クラス上の竿を振り回せるようになります。



ただ・・・・2クラス上どうかな~



CXからAXに行くには外見が変わるぐらい必要かもしれませんよ・・・・。

遠くに飛ばしたいと思いつつ

失敗しない投げ竿は405 CXか30号かもしれません。

並継ぎなら200mは飛びますから。

ステップ⑤ 並継ぎ投げ竿のコスパの良い分岐点は大多数の人は知っている

投げ竿のフラッグシップモデルは20万円もします。



値段が高いほど高弾性の素材の為 曲がってから戻るまでのスピードが速いので

遠くに飛ばせるのは分かっていますが・・・・。



じゃあ・・・4万円の竿で150m飛びました。

値段が5倍だから

5倍飛んで750m飛ぶのかよ!



と言えばそんな事はないのです。



せいぜい25m+ぐらい。



16万も多く払って25mの飛距離を選ぶ人はそなに多くはいないでしょう。



ですから

飛ばす特別な願望と価格と飛距離が折り合う所のシリーズが

売れ筋になります。



そんな事よりV字キャストぐらいは完璧にできるようになりましょう。



多くの人がそれなりに調べて

並継ぎなら

シマノサーフランダーダイワプライムキャスター



振出ならほぼ一択で

殆どの方がシマノ サーフリーダーを選ばれておりおます。



8色200m投げるもよし・・・

そして振出は堤防併用で6色投げるもよし・・・



人それぞれですが、多くの人が選んだ竿には

それなりの考えが集約されてると思いますので

本格的に投げ釣りを始めたい人は参考にしてください。



ここでもう少し投げ易い竿で練習してから・・・と思った方もいると思います

無理する必要なんて全然ありません。

そのような方は下記の記事を参考にしてください。

大多数の人が求める人気の投げ竿まとめ

並継ぎ投げ竿

並継ぎの長さは405人気。

オモリ負荷は CX30号が人気。

機種はシマノ サーフランダーかダイワ プライムサーフが人気。



シマノ サーフランダー 405CX

出典 Amazon
( 並継)サーフランダー 405CX  楽天市場はこちら

(並継) サーフランダー 405CX Amazonはこちら

(並継) サーフランダー 405CX  Yahooショッピングはこちら

ダイワ プライムキャスター (並継)30号-405・W

出典 Amazon
(並継) プライムキャスター 30-405 Amazonはこちら

(並継) プライムキャスター 30-405 楽天市場はこちら

(並継) プライムキャスター 30-405  Yahooショッピングはこちら

振出投げ竿

振出投げ竿の長さは405が6割 425が4割人気を2分している。

シマノ サーフリーダーが人気

オモリ負荷はCXが人気ですが少なからずBXを使う人がいる。

出典 Amazon
(振出) サーフリーダー 405BXT 楽天市場はこちら

(振出) サーフリーダー 425BXT 楽天市場はこちら

(振出) サーフリーダー 405CXT 楽天市場はこちら

(振出)サーフリーダー 425CX-T 楽天市場はこちら



(振出) サーフリーダー 405BXT Amazonはこちら

(振出) サーフリーダー425BXT Amazonはこちら

(振出) サーフリーダー 405-CXT Amazonはこちら

(振出) サーフリーダー 425-CXT Amazonはこちら



(振出)サーフリーダー 405BXT Yahooショッピングはこちら

(振出)サーフリーダー 425BXT Yahooショッピングはこちら

(振出)サーフリーダー 405CXT Yahooショッピングはこちら

(振出)サーフリーダー 425CXT Yahooショッピングはこちら

釣具マニアの報告でした。

コメント