アブ 6500 ロケット 並行輸入

優良釣具販売評価術
釣具マニアです。
私は熱烈なアブのコレクターではありませんが
小生が小さい頃
釣り道具屋さんのウインドウに燦然と輝くように
鎮座ましましていたアブに対しての渇望は
社会人となり金銭的な自由を手に入れたとき
小爆発・・・😃しました。
(まあ、大爆発しないところが小生の
人間の小さいところではありますが・・・)
とりあえず、手に入れたのは
オールドスタイルのABU。
1500、2500、5500、6500
あと3500・・・これは某大手量販店の釣り道具屋が
倉庫に眠っていたもので
新年の目玉商品で1万ジャストで販売していたものをゲット。
なんとクロームカラー、フラスコ付き、
木製の中に箱に収められた限定物で
超お買い得。
釣りバブル崩壊に感謝しつつ
購入したものです。
後・・・はいろいろなアブ製品がありますが
これらのオールドスタイルの特長は
耐久性は群を抜いていることにあります。
バス、雷魚、船、カゴ釣りと
釣りのカテゴリー関係なく使い倒していますが
いまだに壊れません。
傲岸不遜、自己中心、その場その時その気分の
K氏は釣り歴は釣具マニアより少ないですが
道具の購入スピードが凄まじい為
釣り道具のアイテム数は
ぶっちぎりで釣具マニアを追い越し
今では自分の部屋が釣り道具で
埋まるほどのアイテム数を誇ります。
このK氏ですが
一旦、気に入った釣り道具を見つけると
徹底してそのメーカーのシリーズを買い捲る癖があります。
例えばホッパー
マイケルが良く釣れると思えば
タックルボックスの中は
マイケルが占領することに・・・
シマノのベイトは世界一と言い
1年後にはシマノのベイトリールが
5、6個増えたりと・・・・
それで最近ですが
今ブームなのが
アブアンバサダーの両軸受けリール
しかもクラシックタイプばかり・・・
なぜアブ アンバサダーなのか?
といいますと
耐久性が段違いとなのだと、周囲に力説しています。
釣り道具マニアの周りには
古参の釣りバカが多く生息しているので
アブの話題には事欠かない事もあり
アブ談義に花が咲き乱れて
よりアブに対しての執着心が強くなったようです。
ある日の堤防でのことですが
魚のご機嫌が斜めなのか
釣果が思わしくないので
ダレた気分でいますと・・・・
「釣具マニア~お前の両軸リールの色
パープルじゃん」
「ああ、このアブですか?」
「そうそう、パープルのアブ、それって65?」
「そうです」
「お前の6500はブルーシルバーじゃないのか?」
「ええ、よく人のリールのカラーまで覚えていますね
これ、買ったんですよ」
「まじ!カラー違いで揃えるとはお前も
アブバカだね」
「厳密に言えばですね
これ6500じゃなくて6501です
「何、たしか後ろに1が付く場合は
左ハンドルだよな」
「そうそう、これは6501CS PRO ROCKET で~す」
「高かったたろう?」
「う~ん21000円かな」
「マジ!6500PRO ROCKET の左ハンドルってさ
希少で普通38000円ぐらいじゃないの」
「ええ、でもこれ並行輸入品で21000円なんですよ」
「アブはさ品番にいろんなアルファベットがついて
何処が違うか分からんから手が出しづらいんだよな
並行輸入だからって性能落ちない?」
「落ちませんよ!😠
私ので説明しますが、6501CS PRO ROCKET の
まずはCSです。
Cはベアリング入り
それでSですがステンレス製という人もいますが・・・」
「いますが・・・?
ステンレスじゃないベアリングてどんなベアリングよ」
「普通の軸受鋼ですよ」
「軸受鋼??」
「軸受用に耐摩耗性に優れた鋼材なんですよ
主に高炭素クロム鋼が使用されています」
「錆びやすいのか?」
「SUS材(ステンレス)の耐蝕性に比べれて凄く錆びやすいです」
「使えないじゃないか!!」
「でも錆を除外すれば、ピカ一なんですけど~
実際塩水を相手にする
釣りのベアリングで使えるとは
思えないですよ~
したがってステンレスのベアリングはは標準装備」
「じゃあ何だ」
「スペシャルなベアリングじゃないかと・・・」
「スペシャル?なんじゃそれ」
「いや同じサイズのベアリングでも
クラスがあるんですよ~」
「うそ~」
「本当、本当
確りとJIS規格で定めた精度等級ていうのがあってですね
特にフリクションロス、回転ムラなどを
極端に嫌う釣りのベアリングでは
回転性能とか飛距離に影響があると思いますよ」
「ベアリングの精度等級でそんなに変わるか?」
「これが結構変わるんですよね~」
「両軸受けではスプールシャフトを支持するベアリングは
特に影響が大きいでしょうね
ベアリングは精度等級が並級、6、5、4、2級と精度が上がるんですけど
2級にもなると外径から中心のラジアル方向の回転振れとか
幅方向に振れるアキアル方向の振れがが回転精度として影響があるんですよ」
「それじゃベアリングを最高精度のもに変えれば
いいじゃんか!」
「所ガですね、ベアリングだけじゃなくて
ベアリングの精度に見合うような
スプールシャフトの軸心の振れとか
ベアリングをサポートする方もそれなりの精度がないと
宝の持ち腐れになってしまうんですよね」
「そうか~、そこら辺は素人には手が付けられんな
ところでロケットはロケットじゃないのと
何処が違う?」
「ロケットオイルでスペシャルトリートメントしてる事と
先ほど話したベアリングが支持するスプールシャフトとかの
精度が高くなってるチューンナップじゃないかと」
「なるほど、それでCSロケットはよく回って、よく飛ぶって事かな?」
「あの~正直私も疑いましたが飛びますね
ベアリングよりこちらの方も飛距離の影響があるでしょうな」
「マジ!俺の6500Cだからな~
俺も買うかな~6500CSロケット~」
「右もモデルなら2万切った価格で買えますよ」
「まじ!買うかな
アブはいいよね~
耐久性が高いって言うか
メンテナンスが容易だしな~」
「まあ、アブのクラシックタイプは
他のリールが水没して
暫くしてから引き上げても使えないのに対して
オーバーホールすれば使えるといいますからね~」
「何処が違うんだろうな?」
「バネが違うといいますね」
「バネ?また意表をついてきましたね
奇を衒う作戦ですか?」
「ここで奇を衒う事に何が意味があるんですか?」
「俺にアブを買わせようとする策略だとか・・・・」
「俺が何も言わなくても、パカパカと欲望の趣くままに
その場その時その気分で買うでしょうが💢」
「うらやましいんだ😃」
「や!やかましい!!💢」
「話戻しますよ!
アブのバネは折れ難いと聞きます
たぶんですが、アブのバネは材質が良質なことに加え
4方向に圧延してるとか
低温焼鈍してるとかで、そこらへんの技術が凄いのじゃないかと」
「ふ~ん・・・地味だね」
「圧延の技術に優れてるんですよ」
「そ~う」
「あのですね、そういう地味なところ
ベーシックなところが物づくりでは
大事なんです。
使いこむほど良さが分かるのは
そういう基礎みたいな見えないところですよ。
見掛け倒しの張子の虎に
何の価値があるんですか!!」
「わかった、わかった兎に角
耐久性が高いのはなんとなく分かったぞ」
「まったく~
そういう実の詰まった良質なリール作りがあるからこそ
クレストマークを付ける事を許されたんですからね」
「クレストマークて何よ」
「スウェーデン王室の印ですよ」
「つまりご用達メーカーてことか⤴」
「ええそうですけど」
「それは、日本で言えばリールに菊の御紋とか
江戸時代なら葵の御紋を使用するということじゃないか!!」
「急に活性が上がりましたね」
「恐れ多くも賢くも菊の御紋の入ったリールなどとは・・・・」
「急にかしこまりましたね。」
「例えば
もし葵のご紋が許されたリールがあるならば・・・・」
「おいおい・・・💧あんたいったい何を考えてんだよ」
「この紋所が入ったリールが目に入らぬか!
ここにおわす方をどなたと心得る!
恐れ多くも先の副将軍、
水戸光圀公にあらせられるぞ~
頭が高~い!控えおろ~!ということか?」
「ということか?・・・じゃないでしょ!😵
あんた脳みそ腐ってるよ」
「リール持って喚く
助さん格さんも滑稽ですな」
「クレストマークから助さん角さんを想像するな!」
「よし俺もアブを買って天下の副将軍になるぞ!」
「・・・・たいへんよくできました💧」
練達の職人さんがドイツ製の
オールドのブリキのおもちゃを分解して中身を見ると
惚れ惚れとするそうです。
ゼンマイ一つにも
丁寧に職人のこだわりを持って作られているからだそうですが
ゼンマイの幅、厚さに余裕があったり
材質が良質だったりとか
価値の分かる人が見ればみるほど
このブリキにおもちゃは素晴らしいそうです。
外側だけよくして
中身はチープなのが、よく現代の工業製品に見受けられる
これって悲しいですね。
コストありきの制作予算だからでしょうが
弊害としては
耐久性がないのか使い捨て製品の乱発につながりかねません。
安売りのし過ぎは製造業のモラルハザードを生むようで少し心配です。
生産性を求めることを否定するつもりはありませんが
作られた製品に良心がなければ
いづれそういう物づくりは破綻してしまうのでは・・・
そういう時だからこそ
大事に何年も使い込める製品作り
ヨーロッパの物づくりの伝統を見直してもいいのではないかと思います。
その一つが
アブガルシアのクラシックモデルなのかも知れませんね。
普通のロケット

楽天でもパープルのCSロケットモデルは
右ハンドルだけです

CSロケットモデルはアマゾンが安いいですね
並行輸入物はレベルワインーだの
上部を支えるフレーム構造が円柱状のオールドテーストの物と
4600に代表されるパーミングカップモデルの
サムレスト部分に違いがみられます
後者の方は正規品にはないタイプです。
希少レフとハンドル


コメント

  1. ヘタレ釣師 より:

    初コメントです。
    実は6501プロロケットを購入しようかどうか迷っていてググってるとこちらに辿り着きました。
    楽しく読ませて頂きました(^_^)
    質問があるのですが、この商品の糸巻き量はどれぐらいでしょうか?PE8号の八本撚りを100m巻けますか?
    あと一点、シンクロレベルワインダーでしょうか?
    よろしければ教えて下さいませ。