HOLIDAY ISO R ロングセラー

優良釣具販売評価術
釣具マニアです。
長らく初心者、または釣具マニアのように
少しお金が無い人の為に発売し続けた、
シマノのロングセラー商品HOLIDAY ISO
モデルチェンジしました。
このHOLIDAY ISO はシマノでも安い上物竿ですが、
軽快な振りぬきの良さと扱いやすさの為、
長い間モデルチェンジをすることもなく、
発売され続けた名竿です。
高級品も中級品もこれだけ長い間
カタログ落ちしない竿も珍しいですが
ついに人々に愛された、海釣りフアンを増やしたHOLIDAY ISO が・・・
なんと!
ついにもモデルチェンジしました!!
前モデルのHOLIDAY ISO XTとの違いですが、
若干自重が軽くなっています。
カーボンの含有率は同じなので、
レジン(カーボン繊維を繋ぐ接着剤)
を少なくして筋肉質で振りぬけの良い竿になりました。
パーツの変更点は前回の富士工業のFSシートから
クッション付ステンレスシート採用(LSリールシート)
に変更されパーツのグレードも上がりました。
ガイドは前回と同じく富士工業のハードガイドですが、
HOTCトップカバーがSTC-Bトップカバーに変更になりました。
下に違いが判るようトップカバーの
pdfを貼り付けているので参考にしてください。
↓ ↓ ↓
fujiトップカバー
細かい事ですが、
このトップカバーは今までは
中級機種にしか付かない物でしたが、釣り場で竿を出す際の
糸通しが簡単にできる優れものです。
上位のシリーズと比べてみると若干重いのですが、
手ごろ値段の割りに扱い易く
初心者が初めて堤防釣を始める竿として、
または磯場の上物竿として実績があり
無理なく買えるのでお薦めです。
標準的な磯上物竿は1.5号、長さ5.3mが標準です。
これは5.3mの長さは磯場での釣り人の立ち位置から磯ぎわまでが遠く、
ある程度の長さが必要な為必要な長さです。
しかしですね、上物竿は磯で使うだけではありません!
足元からすぐ海になる堤防の釣ではその長さは必要ないのです。
ズームロッドを使った人なら判ると思いますが、
4.8mから5.3mに竿を伸ばすとかなり重量が増したように感じます。
しかも若干ではありません、かなり重くなります。
これは長さと重量の関係は3乗にに比例する事から
、かなり重く感じる事になるからです。
この為安い竿ですが4.5mだと
上位機種と比べても基本性能の遜色もなくなるのです。
釣り場での竿の長さにはこだわるべきです。
そして堤防での釣りは手軽であるべきです。
更に堤防の竿は手軽な値段でと釣具マニアは考えます。
1.5号 400

1.5号 450

1.5号 530

2号 450

2号 530

遠投磯竿
3号 450PTS

3号 530PTS

4号 450PTS

4号 530PTS

5号 530PTS

コメント