elfinシュリンプS

厳冬期ディープレンジ攻略の決定版!
優良釣具評価術
釣具マニアです。
寒さが厳しくなってきました、皆さん釣りに行っています?
釣り好きはこの厳冬期でも釣りに行ってしまうものです。
そんな厳冬期のエリアフィッシングを盛り上げる為には
ディープレンジの攻略が欠かせません。
エリアフィッシングでディープレンジ攻略ですが
意外と自分が攻めたたいと思っているレンジより浮いてしまったりと、
レンジキープするのが難しい物です。
そんな時ディープに魚がいるのか先ず確認するセンサー代わりとして
ハードプラグを使用することをお薦めします。
ハードプラグは泳がせれば間違いなく想定泳層を泳ぐように設計されている為
到達したディープレンジをルアーが確実に通る事になります。
当然何らかの反応があれば、そのレンジに反応するトラウト君たちがいる!
と言う事になるのですから、そのレンジを攻めるのか、
反応が無いのでもう少し表層を攻めるとかの判断になるのですが
攻略する以上はそのレンジにいるトラウト君がいたら
口を使わせなければいけません!!
探りたいレンジにルアーが泳いだとしても、
トラウト君たちに見向きもされない様ではセンサーの役目など果たせないわけです。
つまりそのレンジですげー釣れるルアーが必用になる訳ですが、
釣具マニアはelfin シュリンプS
をお薦めします。
タックルハウスは値段が高いのかあまり人気がないようですが、
elfin シュリンプSにはレンジ如何のこうのと言う以前に
釣れない時、何度も助けてくれる釣れ釣れルアーでした。
偉そうに記事を書いていますが、釣れねーから使うが本音の釣具マニアですが
使い方は
先ずキャストしてリトルリーブ、
レンジに到達したらツイッチを繰り返し、
そしてポーズでガツンと当たりがきます。
このポーズ中がですね胸がドキドキ、ワクワクで何とも楽しいですよ。
またツイッチ中のelfin シュリンプのアクションですが
本物の海老が逃げ惑っているようで、感激します。
このアクションがトラウト君たちに口を使わせてしまうのではないかと!
一人納得している今日この頃。
更にレンジまで泳がしてから、
ワームのズル引きの要領でゆっくり引いてポーズ、
これでガツンと当たるパターンがあります。
サイトでそんなルアーの様子を確認していると、
かけ上がりで、ボトムにルアーが張り付いてもトラウト君たちが
海老ーだー海老海老!美味そうー!!
とボトムまでルアーを追いかけてくるのを何度も見ましたから。
念のために、お薦めはシンキングです、お間違いないように。
人気があるのか?無いのかあまり見かけませんが、
流通量が少ないので現品が有るうちにお試しください。

elfin シュリンプS

elfin シュリンプS

価格:1,298円(税込、送料別)

釣具マニアは05(オーロラオレンジ)が大好きなのですが、
定番カラーは08(マットカラシ)か01(オーロラブラック)ですかね。

コメント