DRYMAX ドライマックス

インターライン磯竿、売れるのがダイワな訳
優良釣具販売評価術
釣具マニアです。
皆さん、夜釣やテトラで浮きふかせ釣をしたことがありますか。
実は困った事があるのです。
困った事と言いますのは穂先の糸がらみのことなのです。
そんな訳で本日は穂先の糸がらみによるトラブルが
どれだけ釣りに悪影響を与えるのか
釣具マニアの話を聞いてください!
通常、磯ふかせの標準的な竿の長さは5.3mです。
何で5.3mかの話は後日にしますが、
ガイドつきの竿の場合
竿が長いだけに穂先のガイドに絡まったラインを解くのは厄介です。
テトラ、後ろがない磯、などでは足場が安定していないので
竿を置いて穂先に絡まったラインを解くスペースなどはありません、
しかもこの穂先の糸がらみ、かなり頻繁に起こります!
安定した足場が無いわけですから
一旦ラインの絡みを直す所に移動したりする訳ですね
つまり、糸を解いてる時間が多くなり
釣をする時間がなくなってしまうのです。
また、更に夜釣りは暗くて糸がらみ解き難く、
また糸がらみが気づき難く、挙句のの果てにラインが絡まった状況に気がつず、
釣を続行していると穂先が折れるトラブルに!
せっかく清水の舞台から飛び降りる気持ちで買った
大事な竿が見るも無残にグリコのポッキーです!
穂先にラインが絡まない事がどんなに幸せなことか!
しかし中通し欠点が無いわけではありません。
先ずアウトガイドに比べて糸が出ない為、
浮きを潮に乗せて送れない、穂先が太くなるので穂先が硬く、
食いアタリを取れなかったり竿の調子が不適切になる。
全体が太くなる為、持ち重りがするなどの欠点があったのです。
その為一時姿を消すかに思えたこの中通しの磯竿、
救世主となる技術が生まれました。
ダイワ精工が開発した(実は協力会社)超撥水加工技術で状況は一変しました。
中通しで糸がらみが無くラインが出易くなったダイワの磯竿メガドライは
ユーザーに受けいられて高くても売れに売れました。
その後穂先の問題はバイアス穂先、カーボンブランクの製造技術の向上により
軽く強くなり、普及する事により、より低価格で販売する事ができ、本日に至ったわけです。
ちょっと話はそれますが、
ライバルのシマノはこの撥水技術で
かなりダイワに差を付けられてしまいました、
シマノは糸がぜんぜんでないと不評で現在でも昔より改善はしましたが、
糸の出易さでは完全に水をあけられてしまいました。
そこで今回お薦めするのが、当然ながらダイワのインターライン
DRYMAX(ドライマックス)になるのです。
軽さ、穂先の柔らかさ、超撥水処理の糸の出、
そして最高のコストパホーマンスです。
新製品が新技術を武器にフラッグシップモデルを発売しますが。
何年か後に技術を下位の機種に落としこんでいきます
その過程で数年前のフラッグシップのグレードの製品は
中級クラスに品質が安定したお買い得機種を生み出すことになります。
ドライマックスはこの種のサイクルが顕在化して販売した
ハイコストパホーマンスの磯中通し竿です。
飛びが違う超撥水内面ドライ加工
(スタンダード、及びHRは5.3mで1~4番節が超撥水内面DRY加工)
高密度HVFカーボン
食い込み抜群のしなやかなバイアス穂先
SiCトップガイド
糸踏み防止構造(4番節元下栓タイプ) ・ 一発糸通し構造
上記のような機能ですが
基本的には数年前までのハイグレードモデルの機能を継承しています
長時間にわたり製品として生き残った技術は
信頼され安定した機能だということを考えますますと
竿としての本当にお買い得だと思います。
1号-53:細ハリスで攻めるチヌ・グレ調子。

1.2号-53:鋭敏さと切れ味の口太グレ調子。

1.5号-53:繊細かつ強靭に攻める口太・尾長兼用調子。

1.7号-53:敏腕でタフ、 離島最適なパワーバージョン

ダイワ ドライマックス 1.7-53

ダイワ ドライマックス 1.7-53
価格:29,050円(税込、送料別)

2号-53:ターゲットは50cmオーバーの尾長、強靭なパワーを秘めたスタンダード最強モデル。

コメント