A-ブリッツ カワハギ 目感度アップ

優良釣具販売評価術
釣具マニアです。
今年のダイワから新発売された
A-ブリッツ カワハギ
ダイワはカワハギ竿のラインナップも多く
カワハギ竿にかける意気込みが強く感じますね。
そのせいか同社のカワハギ竿のコストパホーマンスは
他社に比べて頭一つ抜きでていると釣具マニアは感じております。
A-ブリッツ カワハギはセンターカット2ピースの竿でありますが
同社には上位の2ピース竿の上のラインナップがあるにもかかわらず
2ピース竿最強と早くも評価されさています。
2万ジャストを前後する実売価格でありながら
操作性、感度と非常に優秀で
従来なら3万オーバーの価格でもおかしくないほどの
コストパホーマンスが良さ。
絶えず手持ちで竿を操作するカワハギ竿は
軽量で操作性がシャープな竿ほど良いのですが
A-ブリッツ カワハギは90gアンダーと軽く
しかも
高い感度も持ち合わせています。
高い感度といえば、穂先の素材が気になる所ですが
この竿を見てすぐに分かるのが
穂先の細さ。
グラスソリッドの穂先と比べると一目瞭然で
ダイワ自慢のメガトップ穂先を採用しています。
同社のカーボンソリッド メガトップは
カーボン繊維をより均質化をしたものですが
均質化して繊維を綺麗に並べることで
細く、そして強くすることができます。
ラインがナイロンでもポリエステルでも素材の分子構造を
均質にして密にすることで、
より強く、細くなることと同じなのですが
従来のカーボンソリッドに比べると
細くして繊細な穂先にすることが出来るのです。
穂先を細く繊細にすることで、
何のメリットがあるか?と言いますと。
手元に来るアタリ、(振動)以外のインフォメーションを
捕らえることが出来ます。
竿の穂先がスッと入るようなアタリは
初期の振動事体がが微弱で
減衰率の低い感度の高い穂先でも捕らえ切れません
振動で捕らられないアタリを穂先を繊細にして
目視で捕らえるのが最近良く言われるようになった
目感度!
目感度に関しては同社のスーパーメタルトップの方が上ですが
なにせお値段もですね
財布が振動しすぎてぶっ飛びそうなくらい高い。
価格からいえば従来のグラス、カーボンソリッドより
目感度がアップしてる事を考えれば
ダイワでセンターカット2ピース最高峰と呼ばれる所以なのかもしれません。
カワハギ竿も2万でこんな竿買えるようになったんすね~~

ダイワ A-ブリッツ カワハギ MH-175

ダイワ A-ブリッツ カワハギ MH-175
価格:20,400円(税込、送料別)

コメント