プロマリンCB シーグレイス船カワハギ

最近の釣総合卸オリジナルロッドの実力は!
優良釣具評価術
釣具マニアです。
プロマリンシリーズ。
たぶんあまり聞いた事がないメーカーの名前ではないでしょうか?
メーカー名と言うより、
釣卸の会社がベトナム、中国などに生産を委託して
仕入れた物を販売したロッドのシリーズです。
プロマリンシリーズは釣総合卸の浜田商会海外委託した物を
販売しているブランドに一つで。
有名メーカの釣り道具と比べて利幅も大きく、
最近は色々な釣り卸の会社から独自のブランドを立ち上げて
低価格で販売しています。
昔は安かろう悪かろうで竿の調子以前に
フェルールの継ぎ目などの精度が酷いものでした、
継いだだけでも継ぎ目に隙間があり継ぎ目からカタカタと音がしたものです。
その様な竿はスッポ抜け易く
金を払って損をしたと思うほど不快なのですが、
最近は代理店、卸などが競うようにオリジナルブランドの竿を作り出したせいか、
ロッドの実力もかなりな物になりました。
今回紹介するのはプロマリンシリーズ CBシーグレイス船カワハギです。
ソリッド穂先のカーボンロッド
もちろんフェルールは摺り合わせ精度もよくなり綺麗に隙間無く継げます。
パーツ構成は富士のリールシートにハードガイドと
グレードが低いながらも実績のある富士工業の品質の高いパーツを使っています。
ブランクはカーボン含有量は高く(最近含有量に意味は無いと思っている)
2ピースの元側のテーパーはややキツイ感じですが
トップ側のブランクは張りが少しあり、
柔軟性をもう少し出してもう少し穂持ちが良ければとの印象がありますが
ソリッド穂先の長さが長めである事から
トップ側の柔軟性を補っているのでしょう。
その他で印象に残る所ですが
この竿のフェルール(継ぎ目)などを見てみると、
意外と並継かと思ったら、逆並継でした。
同シーリーズの船キスは並継だったので、
カワハギ竿も並継だと思ったのですが逆並継でした。
コストを落とす為にマンドレルの共通化などで
一律フェルールは同じではないかとも思ったのですが、
意外と専用竿の特性に合わせてフェルールも変えてきたようです。
元竿のテーパーがキツイ分、逆並継で全体テーパーをなだらかにして
しなやかな調子にしようとした工夫もうかがえ
以外に色々と考えていいる印象です。
最近は海外ので作られた竿ですが
普及しているようなカーボンプレプリグの価格も安くなっていますし、
安く作れるようになってきました。
細かい所ではラッピングなどの見た目が不満な所はありますが、
価格を考えればコストパホーマンスは高いと思いますが
一流メーカーと比べればこだわりの有るベテランの方には不満かも知れません、
しかしコストの上昇と製品品質は値段が高くなるほど比例しませんので、
自分専用のカワハギ竿に求める竿の品質と値段とを
対比してより高い竿を求めない(悪く言えば妥協する)方には
納得できる竿に仕上がっていると思います。
最後にメーカーが存在しない低価格帯は
アフターケアなど存在しないとの覚悟が必要です。
耐久性の無い竿とは言いませんが、
破損したら買い換えるという気持ちが必用です。
安いのに十分なアフターケアがあると考えるのは
むしが良すぎるのかもしてません?

コメント

  1. たねなしぶどう より:

    プロマリンの元値が4万近いたもの柄を見つけました 売値が1万位です 近々 たもを買うつもりなんだけどプロマリンでも大丈夫ですか?これを見つけるまではダイワ メガドライを買うつもりでした 元値が同じくらいだから性能的に変わらないのかなぁって思ったり 違いは柄の重さが100グラム位違うだけみたいです