鱗海スペシャルRB

優良釣具販売評価術
釣具マニアです。
釣り道具屋さんで磯竿の話
最近は1.2号とか1号か
号数の小さい方を好む方が多くなってきたとの事。
小さな魚でも掛ければ楽しみたいと思う方が
増えてきたからなのかもしれません
チヌにもいいですし~~と言っていましたし
通常の磯竿はグレを釣ることを念頭に作られております、
チヌも釣る事は出来るのですが
走らないチヌには先調子でパワーがありすぎる為に
釣り味に欠けるきらいがあります。
磯竿とチヌ竿の違いですが
シマノの竿で言うならば
シマノのチヌ竿はチヌ釣りを楽しむための設計
胴調子と綺麗な曲がり、
荷重がかかってからスムーズに支点移動させて
胴のブランクがゆったりとチヌの引きをため
魚が暴れさせずゆっくり楽しみながら時間をかけてチヌを上げてくる。
シマノは磯竿とチヌ竿ではまるきり設計思想が違のです。
他社のチヌ竿も柔らかく楽しいのですが
特に曲げて楽しめるのシマノのチヌ竿
その中でも、
魚を掛けてからの至高の時間を約束してくれるのは
シマノのチヌ竿 鱗海 スペシャル RB
多くのチヌ釣りフアンからこの竿は楽しいと呼ばれ支持されてきた
鱗海スペシャルの後継機種。
さてこの後継機の鱗海 スペシャル RBは綺麗な曲がりに
更にTAFTECαカーボンソリッド穂先
シマノの最先端積層構造[スパイラルX]、
チタンフレームSiCガイド「IMガイド」
などの最新技術と最高級ガイドを惜しげもなく盛り込んだ
チヌ竿です。
タフテックα穂先はタフテック穂先にに比べしなやかさでは上ですが
張りと感度は劣る素材。
チヌ釣りでは穂先の感度と張りより
違和感無く食い込ませる事を優先した適材な穂先です
しかしながら、このしなやかさを受けとめる事が出来ないブランクですと
タフテックαも宝の持ち腐れ。
この穂先を生かして受け止めるのが2番、3番のブランクで、
胆の2番、3番のブランクは
食い込んだ魚が気づかれないように
支点のスムーズな移動を要求されます。
それには
各節細かい応力の設計、
フェルールの精度と素材選択
精密なブランク成型技術がないとできない相談です。
鱗海スペシャルRBは2番、3番以降でも急に張りがでないように
竿の柔らかさを細かく調節しています。
それでないと
鱗海スペシャルRBの特徴
綺麗な曲がりは成り立たないのです。
しかしながらチヌ竿は緩い胴調子
チヌ竿以外でも全体に綺麗に曲る胴調子の竿ににありがちなのですが
仕掛けの投入の難しさと操作に対しての軽快感が無いことが難点。
ご他聞にもれずチヌ竿も
ややもすれば仕掛けなどの打ち返しの操作感が悪く
打ち返しの操作が面倒ですが
ブランクの捻じれないスパイラルXのブランク
使って判るのは風にも負けない打ち返しの容易さ。
一日釣りをするだけで疲れが違います。
更にこのブランクをサポートするように
付けられたガイドがチタンフレームIMガイド
軽量で横風に強く糸ふけが少なく
穂先の糸からみが少ない。
高級ロッド証明のようなパーツですが
効果はてきめんでIMガイドの有り無しが
購入の選択になる方も多い
優れもガイドでございます。
これで更に仕掛けの投入横風の対処と疲れにくさは万全になりました。
チヌ釣りが一番楽しい竿と評価の鱗海RBですが
小さな魚を掛けても楽しい。
釣りの腕が今一の釣具マニアには
魚が小さい分
竿で楽しましてもらおうと思っとります。😃

障害物が少ない所でスリリングに黒鯛の引き味を愉しむ、超繊細仕掛けに対応するモデル。食わせ用のネリ餌も楽に投げられる。

繊細仕掛けにも十分対応のスタンダードモデル

根回りでも使える獲れるスタンダードモデル。

大物をテトラなどの障害物の多い所から獲る強めの竿

コメント