翼 長尺のシマノのヘラ竿

優良釣具販売評価術
釣具マニアです。
釣りは魚との駆け引きだけ楽しんでいるだけでは勿体無い。
釣りは自然を感じる事も
釣りの魅力だと思う人は多いのでは。
たとえば管理釣り場と野釣り
それぞれに違いがあり楽しめるのですが
釣具マニアはロケーションがすばらしい
野釣りがどちらかと言えば好きです。
もちろんヘラ釣りもロケーションが良い
野釣りの方が好きなのですが
どうしても長尺の竿が必要になる事も。
しかしヘラ竿も長尺になりますと、
竿自体の自重が重くなることから
カーボン素材はどーしても軽くトルクのある
ブランクを作る必要から
竿の価格は高額にならざるを得ません。
カーボンプリプレグは高級な素材を使えば使うほど
製造工程ではシビアな品質の管理を求められることから
ノーブランド竿の選択は難しく
作ったとしても簡単に腰抜けしてしまう竿になっしまうであろうし
製造が難しいのでしょう
販売さえしていません。
毎日筋トレして
重くても振りぬける腕力を付けると言うのも
手ですが・・・・
こんな事がカタログのキャッチコピーに書いてあったとして・・・
「筋肉が有り余っている人に朗報です。
22尺400グラムブランクで激重!
短尺の時と変化しない分厚いものを使用
素材は汎用ですが耐久性は短尺のままに
手首を強化したい方、値段も安く
お勧めです。
更に今なら先着100名さまに重量増加グリップもついてきます」
ヘラ釣りは筋肉強化するどうぐか・・・
商売としてはありえないでしょう!
そんな訳で
いきおい有名な一流メーカーから選択せざるを得ませが
竿が軽くて持ち重りせず、
魚を浮かせトルクが長くても必要となりますと
シリーズの中でも高級なシリーズにしか
長尺はラインナップされていない
尺単価も高いのに、長尺となると・・・・
やはりお値段が高くなるのは致し方ないと言いましょうか・・・
そんな中有名メーカーのシマノさんが
なるだけ多くの方に長尺を楽しんでもらいたいと
質と価格でがんばってくれたのが
です。
翼は軽いです、しかも12~16尺まではシマノのヘラ竿の中では最軽量
22尺以上の長尺でも非常に軽い
しかも長尺があるシリーズとしては
かなり頑張った尺単価ではないでしょうか。
しかし頑張ったとしてもカーボンブランクを
薄くし値段を落としたとなれば本末転倒である。
翼はブランクに直接塗装する御影塗り
ブランクを削ることなく
表面塗装による軽量化とコストダウン
耐久性を考えれば納得の製造方法かと思います
そんな翼の塗装ですが美しさも兼ね備えてる所は
さすがシマノと思う。
翼は初めて長尺を使う人にはお勧めで
非常に扱いやすい竿です。
先調子により操作の軽快感があり
長尺独特の仕掛けの振込み難さがありません。
翼の特徴は他にもあります。
先調子でありながら本調子?
翼は加重がかかると、(ヘラブナがかかると)
応力の強い胴に支点が素早く移動することで深棚の魚を
暴れさせないで取り込むとの設計で
浅棚から深棚の魚まで幅広く対応出来る事に特長があります。
しかし強い胴との事ですが
メーカーの本来求めてた強さには
後一歩及ばないかったのではと思います。
実際長尺の振込難さ、合わせのやり易さなどの操作と
魚をかけてからの本調子
すべてに対応しようとした欲張りなシリーズな上に
長尺としてはかなり頑張った価格。
多少の不満点は無理からぬことかもしれませんね。

シマノ翼13尺

シマノ翼13尺
価格:33,700円(税込、送料別)

シマノ翼14尺

シマノ翼14尺
価格:36,300円(税込、送料別)

シマノ翼15尺

シマノ翼15尺
価格:38,800円(税込、送料別)

シマノ翼18尺

シマノ翼18尺
価格:46,600円(税込、送料別)

シマノ翼24尺

シマノ翼24尺
価格:66,800円(税込、送料別)

シマノ翼25尺

シマノ翼25尺
価格:69,700円(税込、送料別)

シマノ翼27尺

シマノ翼27尺
価格:76,500円(税込、送料別)

コメント