投げ竿選び

投げ竿選び(並継)
シマノの並継投げ竿
シマノ並継投げ竿の特徴は極先調子で投げ味はスパッと切れる鋭利な刃物みたいな感じがします。
このフィールはかなり気持ちがよっくて、キャスティングが決まった時のパワーの竿抜けの良さをはいったん経験してしまうと病み付きになってしまいます。
ロッドエンドはダイワに比べていくらか太く、応力のパワーをティプセクションにすばやく伝えてるロッドに仕上がっています。
もちろんガイドのセッティングは先に行くほど蜜に配置して竿のブレなども起こさせく、応力を分散させた構造ですから、キャステイングのタイミング幅は少し狭くなってしまいます

ですがキャスティングが決まった時の錘のぶっ飛び方は半端じゃありません。
さすが投げのシマノと言われるだけの事はあります。
ダイワの並継投げ竿
ダイワの投げ竿はシマノに較べて調子が胴ににきていて、竿全体で曲がって全体で投げるかなり扱いやすい竿になっていると思います。
魚心観ほどの極端さわありませんが、竿自体が勝手に投げてくれると言う感じでしょうか、特徴と言うかすべて合格点、ですからここが特徴と言うのでしょうかね。
まあ
トヨタみたいな竿です、安心感て言う事で言うと、ずば抜けていると思います。
キャステイングのタイミング幅は広くミスキャストもカバーしてくれる優等生でしょうか、昔はシマノに較べると見劣りするとがありましたが、ダイワもかなり力お入れたのでしょうか、
どちらも買って使ってみたいなという感じです。

コメント