刀春 この竿の曲がりの綺麗

優良釣具販売評価術
釣具マニアです。
釣具マニアはへら竿は6~12尺までの短い竿は
安くてもいいと思っています。
こだわると色々あって単純には割り切れないのですが、
へら竿を持った時の振りやすは100gが基準線です。
100gを超えると重たく、振りにくく、合わせ難い。
さて長尺と呼ばれるような18~21尺のへら竿を作ろうとすれば、
長さに比例して竿が重くなります、
しかし重くなると扱い難い竿になってしまいますので
鮎竿に使うような、低レジンで実が詰まった筋肉質の
カーボンプリプレグを使う必要性があります。
通常低価格帯はレジンが多い安いカーポンプリプレグ使用しますので、
重量が増加する為、せいぜい14尺までしかラインナップがありません。
高級なカーボンを使用した竿は必然的に高くなるのですが、
シマノから発売されました刀春
長尺のラインナップも21尺までありますが
尺単価が非常に安いバリューなへら竿です。
18尺まで105gでこの値段は凄いと思いますが。
この竿の本調子に寄った竿ではありますが
凄い所は支点移動のスムーズさと
竿の曲がりの綺麗な所でしょうか。
筋肉質なカーボンを使っての軽量化以外に、
フェルールに工夫はあるのでしょうが
種類の違うカーボンプリプレグを使用しませんと
このスムーズさはでません
竿の曲がりの綺麗さはシマノの伝統ですが
一般用と呼ばれるクラスの並継ぎへら竿にも
一般用らしさを追求して振込み易さ、取り込み易さななどの
テーマを持って竿作りをした刀春の完成度は
素直に凄いと思う釣具マニアでした。

コメント