ローライダーガイド

投げ竿のローライダーガイドは凄い!!
今回は並継投げ竿にセッティングされているローライダーガイドについて考察したいと思います。
投げ釣りでPEライン使用が主流の現在の投げ釣りではライントラブルの防止が最重要な課題です。
何故ライントラブルが重要な課題かと言いますと、PEラインはライントラブルがナイロンに比較して多いからなのです。
PEラインは何故トラブルが多いのでしょう?
それはラインの「こし」無さに起因します。
こし、張りがないと螺旋状上に放出されたラインは僅かなきっかけで、突起物等を弾くことができずに、絡みよるラインのトラブルを発生させてしまいます。
しかしPEラインの「こし」の無さがガイド通過時の摩擦抵抗を減衰させて、遠投を可能にし事も確かなのです。
その事からガイド世界一の富士工業は新しいガイドを開発しました。
ローライダーガイドです。
ローライダーガイドはガイドフットを傾斜させ、ガイドリングの位置を低くするこ事により突起の形状を滑らかにし、絡みつく前にすり抜ける構造によりライントラブルなくしますが、更にもう一つ小口径ガイドにする事により更にライントラブルを防止します。
リールのスプールから放出されたラインは螺旋状に放出されますが、
ガイド間の中間地点で大きく膨らみます。
ラインはガイドの円周に沿うように螺旋を描きながら放出される訳ですからガイド径が小さいほうがラインスラップは少なくて済みます。
ラインのスラップが大きいと突起物に絡むほどのスラップを発生させにくくなるわけです。
また、ガイド間の距離が短いと中間のラインの膨らみが少なくなるわけですから、これもライントラブルを低減します、
投げ竿の多点ガイドが主流になってきたのはそういう訳なのです。
またローライダーガイドのロッドに沿うように長く伸びたフットはブランクの捩れを防止しキャスティングで入力したパワーを最大限、一定方向に向かわせる事ができるので遠投性能が向上する事になりのです。
つまり、並継投げ竿はローライダーガイドがセットされた、7ないし8点の多点ガイドの竿を買ったほうが良いとと言う事です。
富士工業 凄すぎる!!

コメント