ラトリンログ アメリカンジャークベイト

優良釣具販売評価術
釣具マニアです。
人を釣る為には見かけが大事です、
でも 魚を釣るのはアクションが大事。
昔バス釣りブーム初期の頃、
釣具店には綺麗なルアーがこれでもかと
目立つ所に展示してありました、
それとは別に雑な作りのアメリカンルアーは
隅に隅にと追い込まれていきます。
これはもう無理も無い事なんです
工業製品はルアー以外は細かい所まで気を配って作るのが
一流の証。
また機能も=優秀であるのですが。
アメリカルアーだけはその限りではありません。
代表的なのがラトリンログ
アメリカンルアーに共通する事ですが
無駄な所にコストを掛けない、
見ためは雑な塗装で小売価格も安いです。
日本製のルアーに比べるととても釣れそうな気がしないのですが
魚はルアーが綺麗だと認識してバイトする訳ではありません。
日本製のミノーと違い重心移動システムも
ラトルを発生させる為の隔壁もなく
実の中が詰まっていない、
中身の空洞多く軽いルアーで、その為飛距離は空気抵抗が強く
お世辞にも飛ぶとはいえない。
何だか悪いように聞こえますが
逆にアクションは軽い為レスポンスがよく動き出しと停止のキレには
呻る物があります。
特にジャークした時のキレは秀逸で
このルアーのアクションをみていますと
アクションと言う価値に的を絞ったラトリンログが
魚を釣る為の釣り道具なのでしょうかね。
最後にアメリカ製のルアーフックは
日本製に比べるとフックポイントがかなり甘い、
金のない釣具マニアはシャープナーで砥ぎますが、
お金のある人は化学研磨された
日本製フックに付け替えるてはいかがでしょう。
50年にもわたって釣り人に愛用され続けた歴史は
ログの実力を証明するものです。
※3個セットでの販売になります。

コメント