マスタリー フライライン 巻き癖が付かない

優良釣具販売評価術
釣具マニアです。
今回はフライライン
釣具マニアは渓流用と止水の管理釣り場用に
フライラインの使い分けております。
特に止水の管理釣り場では3M社のマスタリーXPSは必須のラインアイテム
3M社のラインナップの中で最上位にランクされる
マスタリーラインのXPSは日本のテクニカルラインとして
多くのフアンを持つラインですが、
その最大の理由が巻きぐせの影響が少ない柔らかさ!
リールに巻き込んだ巻きぐせのついたフライラインは
キャスト後のラインの直線が時間とともにコイル状に変化していきます。
川などの流れのある所では影響を感じる機会はないのですが
止水の場合一定時間ポイントに
ドライフライ、ルースニングよるマーカーなどを
留める必要性がある。
キャスティング直後の直線ラインが
巻きぐせの為にコイル状に変化して行くことは
フライが手前に引き寄せられることになり
キャストして届いたはずのフライが
ポイントから外れる事を意味します。
もちろんポイントから外れたフライに
魚がアタックする確立は極端に落ちる事に。
よしんば手前に引かれたフライに
トラウト君がアタックしたとしても
フッキングに持ち込む際に
コイル状のなったラインのラインスラックを解消しなければならず
ラインスラックの為発生したタイムラグは
フッキングのタイミングに致命的な遅れを生じさせ
フライのフックにフックセットのエネルギーが伝達された頃には
トラウト君がフライを離しているという
ストレスが溜まりまくる結果に。
ところで通常フライラインは厳冬期の寒さの影響を受けて
ラインは硬化するのですが
実はここも釣具マニアが心強く思うところなのですが
マスタリーXPSは厳冬期の寒さの中でも
影響が少なく柔らかいのです。
つまり厳冬期がシーズンの
止水の管理釣り場ではこれ以上ないというラインだと。
釣具マニアがラインを使い分けていると
最初の文章で書きましたが
マスタリーXPSにも使い難いところがります
XPSはその柔らかさ故に今度はラインが絡みやすい。
絶えずラインを捌きながら移動する渓流の使用では
絡まないよう捌けるラインの張りが必要ですから
マスタリーXPSは逆に使い難い。
しかし止水は頻繁な移動も少なく
ライン捌きがそれほど必要でもないので
柔らかなラインを選択するわけです。
最新のマスタリー フライライン XPS は
ドライティップテクノロジー(DTT)が追加されました
浮力と浮力の耐久性が向上はしましたが
DTTになり多少柔らかさに張りがあり
ラインが捌け易いように感じましたが
マスタリーXPSの止水での優位さは今の所普遍ですかね。

マスタリーフローティングフライライン XPS DTT

マスタリーフローティングフライライン XPS DTT
価格:9,377円(税込、送料別)

コメント