プロ磯インプレッサ 遠投B

100m遠投の世界
優良釣具評価術
釣具マニアです。
カゴ釣りで100m以上の距離を飛ばそうとすると両軸の遠投カゴ釣りのタックルを手に入れなければなりません。
投げ竿はスピニングで100m以上飛ばしてるじゃないの?
との質問がきそうなところですが、投げ釣りのラインはPEラインの0.8号と極細ですから螺旋に飛び出したラインの抵抗がありません。
カゴ釣りで細ラインを使わない理由ですが、100m以上の沖にいる30m水深の大物を釣る!
大物(青物:希望:10kgのヒラマサ~夢は高く現実は厳し~例えばですよ)を取る為にはラインは太くする必用がある訳です。
ラインが太い場合、螺旋に放出されない方式の両軸リールはスプールから0度の角度でラインが放出される為、たとえラインが太くてもガイドによる摩擦抵抗が少なくて済みます。
この時の遠投の条件ですが投げるものは重くが基本です。
両軸リールのスプールを引張る力が影響されなくなるほど重いものを投げる時に飛距離はのびるのです。
もしバス釣りでヘビーキャロライナリグをド遠投する時ですがベイトの方が飛びませんでしたか?理屈は同じ事です。
それで今回は両軸の遠投カゴの竿に焦点をあててみます。
両軸リールを使ったカゴ釣りに出合ったのは伊豆に遠征して最初の事でした。
宇久須でながーい竿をドカンと沖の潮目に大きいウキごと飛ばして大きなシマアジを釣っているのを発見してからです。
この人ですが竿は何?無視・・・
今のかなり大きなシマアジですよね?無視・・・
両軸で飛ぶんですか?無視・・・
のツレナイ釣り人でしたので静かに観察する事に。
こんな仕掛けがあんなに飛んでるでないの、しかも岸からお目にかからない大きい高級魚がまたつれている。
自分も始めたい!
という事で帰りに沼津のトージンという釣り道具屋に駆け込み店員さんにレクチャーを受ける事に。
もちろん、タックルをそろえる、つもりでしたが、タックルの種類も少なくお値段ですが全部高い物ばかり!
その時はは指を咥えて撤退することにしました。
しかしです、その当時と比べてですね今は何でしょう?
専用の両軸カゴの竿が種類も増えて、更にコストパフォーマンスも上がって低価格で売っているではないですか。
プロ磯 インプレッサ 遠投Bですが両軸の遠投竿として必用なベリーからバットにかけてのパワーが十分な竿です。
ダイワのHVFですが高級なSVFの低レジンカーボンよりブランクに腰のある竿を作るのに向いています。硬い竿というより、ためがあり適度なしなやかさの中に腰のあるパワーがあるほうがウキや、カゴなどが付いているものを遠くまで飛ばせるのです。
ダイワのグレーダーは両軸竿で名実ともに名竿と呼ばれていましたが、なにせ値段が高い!
プロ磯 インプレッサ 遠投Bですが、これだけパワーがある専用竿が3万以下で手に入れられるようになりました。
6.3mの長さはありませんが、このサイズはかなりの腕力がある人ではないと宝の持ち腐れになってしまいます。
遠投には長い竿の方が有利ですが、5.7mを振り切り易く安定して遠くに飛ばせます。
言葉で言っても分からないでしょうが、長くなるほど有効な反発を得る竿の速度を上げるのは大変なんです。

腕力に自信が無い人はワンランク短めな方がいいです、しつこいようですが、道具は自分に合ったものを選ぶ方が結果に結びつきます。

コメント