フリーストーンLA 一味違うシマノ

優良釣具販売評価術
釣具マニアです。
フライリール。
加工技術の参入障壁が高くないため
最近は釣り道具として使用するということであれば
低価格でも十分に使えるフライリールは多く販売されております。
高い物でも、安いものでも、
すべてのリールが大差ない性能なのかと申しますと
やはり違うものもあるのです。
エーベルの航空機用のアルミ、
オービスのバーストックアルミと
ボディの材質を厳選して作られた
そんなこだわりリールでもありますが
値段がグンと上がって、
相当のフライマニアしか食指が動かなかったりして。
ですが
もし値段がある程度こなれていて
ボディの材質にこだわっているリールがあれば
フライを趣味としているひとなら
使ってみたいと思うのでは?
シマノのフライリール、形は今は流行のラージアーバー
フリーストーンLAなんて使ってみてはいかがでしょうか?
シマノお家芸 アルミの冷間鍛造技術で
耐摩耗性が高く高強度でボディの材質
その冷間鍛造技術は素材取り、熱処理、プレス、金型等に
高い技術を要求し、その為
他でもラージアーバーリールは作れるが
本当の意味でシマノと同じリールに近いものが
作れるかといいますと???なほど真似が難しい
価値の高さがあります。
さらに、この鍛造されアルミを
マシンカットで削りだしますから
外観は非常質感も高く綺麗な仕上がり。
日本の機械工作大手でもあり、大手釣り道具メーカーが作ると
違いは材質だけではありません。
シマノはノブを一つ回すだけでも
その操作するフィールにこだわります。
フリーストーンLAはドラグのハンドルノブを回した時の感触
ラインを引き出したときに鳴るラチェットの音と伝わる振動は(周波数?)
なぜか人が心地よく感じてしまうんですね。
今年の夏も暑かったですが、繁華街で配られた
骨が樹脂性の扇子
竹製の扇子と比べると
風を送ることは能力が同じでも
何故か送られた風に情緒がありませんね
人が心地よいと感じる
質感とか雰囲気は意外と趣味の世界では大事なのかもしれません。
釣りは魚を掛けた時の感覚を楽しむ遊び
使って、眺めて、触って五感を満足してくれる
1万を23千円超える金額を安いと思うか、
高いと思うかは貴方しだいです。

コメント