ハトウ レジェンド遠投

1ランク上のパワーの訳は
優良釣具販売評価術
釣具マニアです。
今回は記事はカゴ釣り用の遠投磯竿です。
釣り道具屋さんの前にワゴンに並べてある、
カゴ釣り用の遠投磯竿は注意が必要です。
たとえばリールシートの位置が
グリップ側に近ずいていて投げづらかったり、
ガイドの取り付け位置が無茶苦茶で竿の反発を活かせないものや、
ブランクスの質が悪く反発が無いべなんべなんな調子のもが多いです。
少ない予算で釣り道具を買いたいのは判りますが、
使えない道具は無駄遣いになるので結局不満に思い、
買い直す事になるのです。
カゴ釣りは遠投用の浮き、
オキアミの入ったかご、
を合わせるとかなりの重量になり、
それを遠くまで投げるので、ブランクの質は拘った方が良いと思います。
軽く振りぬけて、耐久性、反発力は汎用カーボンでは出せないスペックです。
魚君が回遊する所まで届かなければ魚は連れません、
遠くに投げる事はより広いエリアで魚と接触する確立が高くなります。
釣具マニアも安い竿、安い浮きでポイントまで届かず凄い悔しい思いをしました!
じつは
お前に遠投する技術も無かったいう事もあるのですが・・・・
竿に罪を被せるつもりか・・・・との突っ込みもあるとわ思いますが・・・・
だって隣の人が釣具マニアより遠くに飛ばして爆釣りしてるるうですよ!!(逆切れ)
さあ、気を取り直して本題にはいります。
ダイワの磯竿ですが、ぐんと竿のポテンシャルが上がるのは、
ハトウレジェンドからです。
たとえばダイワの竿で同じHVF、カーボン含有率が同じカーボンシートを使用しても
竿のトルクや反応速度は違います。
カーボンシートを薄くして巻数(プライ数)を多くしたほうが
トルクがあり丈夫で反発力の高い竿が出来上がります。
出来上がりのブランクの厚さが同じでも違うのです。
つまり安い物はカーボンシートが厚く巻数が少ない!
高い物はカーボンシートが薄く巻数が多い!
と言う事なのです。
大事なお金を払う訳ですから、長く使えて満足にいく物を
買た方が良いと思います。
3号はマダイ・グレ・イサキ、
4号は大型マダイ・ヒラマサ、
5号はモンスタークラスの青物の遠投派に最適です。
小魚好きな釣具マニアは(アジ、サバ、イサキ、マダイ、イナダ)魚の引きが楽しめる
3号竿が好きですが,皆さん如何ですか?
35%off

コメント