トライソショックス 

最近流行のレバーブレーキ、試すのならばダイワから!
優良釣具販売評価術
釣具マニアです。
磯釣りをしている人はかなりの人が
レバー付きのスピニングリールを使用しています。
レバー付きリールはドラグのようにラインを
滑らして切れないようにするのとちょっと使用目的が違います。
つまり、竿の角度を竿の弾性が最も活かせる角度に保つ!!
これが本来の目的です。
磯釣の場合根が多い地帯で釣をするのですから、
魚が掛かってからラインを出してしまうと、根に潜り込まれたり、
根でラインを切られたりして取り込めない確立が高まります。
特に大きい魚が掛かった場合、
ラインを出さないでラインとロッドを
一番ロッドの弾性が活かせる角度に保つ必要があります。
魚の動的エネルギーは竿の弾性を使う事によって
殺す事ができ取り込めますが
急な突っ込みで竿が伸された場合、
リールに直接負荷がかかり、
弾性を活かせづラインを切ってしまい、
最悪リールが破損する事も。
しかしレバーブレーキは竿が伸された時に
瞬発的にラインを出すことができ、
そのラインが出た距離分、竿を高い位置に導いて適正角度に保つ事ができます。
レバーブレーキははシマノ、ダイワから販売されていますが
長年凌ぎ緒削ってきた両者のレバーブレーキリールは
比べてみてもなかなか優劣が付けられませんが
バックラッシュ(スプールからラインがドバット出るトラブル)
糸よれに関してはダイワのレバーブレーキリールがトラブルが少なく
初めてレバーブレーキを扱う方にはお勧めです。
トライソショックス LBD
レバーブレーキ付きリールの高級機で評価された
巻き心地が良いリアルフォーなどの
定評のある機能を十分に盛り込んだ、
低価格ながら長い間満足できるリールです。
特に特徴としては通常のダイワのスピニングリールより
スプールのテーパー角度が深く
よりバックラッシュをしないように工夫されています。
私見ですが私の場合他の海釣でも使用しています、
常吉の村上氏がバスに使っていたのを雑誌でみて
試しています。
慣れるとかなりの武器になりますので既成概念にとらわれずに
使ってみることをお勧めします
ドラグ機能もついていることから
通常の釣まで適用範囲が広いこのリール、
5年後には釣りのスタンダードは
LBD(レバー付きドラグリール)になるかもしれません。

ダイワ トライソ ショックス2000LBD

ダイワ トライソ ショックス2000LBD
価格:12,900円(税込、送料別)

ダイワ トライソ ショックス2300LBD

ダイワ トライソ ショックス2300LBD
価格:13,100円(税込、送料別)

ダイワ トライソ ショックス2500LBD

ダイワ トライソ ショックス2500LBD
価格:13,400円(税込、送料別)

ダイワ トライソ ショックス3000LBD

ダイワ トライソ ショックス3000LBD
価格:13,700円(税込、送料別)

コメント