スピニングリール選定ガイド

スピニングリールが発明された時 悪魔のリールと呼ばれたそうです。
確かに悪魔ですこのリール。
軽い仕掛けを投げ込まれるのですか、魚の脅威は増大したわけです。
重い、大きいルアーを見破るようになったバス君たち
よりナチュラルで小さく警戒されない、ライブベイトのような動きをするフィネスリグを目の前に叩き込まれるのは脅威と言うか悪魔と叫びたくなったに違いありません。
スピニングリールはライン放出時の抵抗が少ないため軽い物でも飛んでいきますが、ラインに制約がかかります。
太いラインは巻き癖によりスプリング状になる為リールからの放出抵抗が少なくてもコイル状のラインがガイドにあたので大きな抵抗を生み出します。
その為スピニングリールにはコイル状の影響が少ない細いラインを使用する必要があります。
数年前と比べて現代のフィネスフィッシングでは更に軽量化したルアーを使うためにラインの太さははナイロンなら4lb以下、フロロカーボンラインなら3lb以下を使う必要性がありますが、その為バスの引きに対してラインブレイクしない高性能のドラグ機能が搭載する必要性が生まれました。
最近のスピニングリールはドラグ機能が向上した理由もこんな事からではないでしょうか。
最近はバックラッシュ、ドラグ性能、軽量化、糸よれ、巻き感、ハンドルの巻き感が改良された為用途別に掲載しましたが同じ価格帯ならばシマノとダイワの選択は好みで選んでもいい過去知れません。
リールを選ぶ最後の一押しとしての参考にしてもらえば幸いです。
テトラなどの障害物に軽量なリグを投げて釣る
テトラなどの障害物に付いているバスをワームで釣る場合、根ずれに強い1ランク太いフロロを使用したい。
フロロはナイロンに比べて硬いため軽量リグを使うとスプールにテンションがかからずに巻かれるため前のラインを叩いてバックラッシュする確立が高くなります。
スプールの直径が大きいとバックラッシュの確立が低く押さえられるので1クラスの大きいリールを選びたいのですが重量の増加がタックルバランスを崩します。
その為下に掲載したリールが最適なリールだと思います。
●エアスプールで軽量化された為1クラス上でもリール本体の重量が軽い
●ABS仕様の大きいスプール
●綾巻きのバックラッシュしないオシュレーション
●業界で一番糸ヨレが少ないラインローラー
太いラインが巻けるからだけでなく、1クラス大きいリールは重量がクリアされるな、他の状況でも多大な恩恵を与えてくれます。


カルディア 2506

ルビアス 2506

イグジスト 2506
245g 200g 190g

軽くなるほど高価になりますがカルディアは数年前の高級機の機能を継承して軽くなった分お買い得があります。
ルビアスはカーボン成型ボディ、ザイオンの採用で軽量化
イグジストはあらゆる部品に軽量化するため高い素材を使ってますが、値段の割りにルビアスと10gの差しかありません。
シマノですが2500番台、C3000番台は2000番台のボディを仕様スプールの糸巻き量を多くすしただけ、しかしスプール径は変わらずスプールノーズを長くしたした事で対応している為自重は軽いものの太いラインでの対応と言う事では疑問があるので掲載してません。
中級機のコストパホーマンスが高いモデル
フラッグシップモデルの機能そのまま中級機種に落とし込んだモデル
製造ラインの原価償却を回収した為 高機能の割りに価格が安い数の経済性を象徴するようなモデル


レアニウム 2500S

カルディア 2004

バス用リールの定番の大きさを載せました。

コメント