サーフランダー並継 気楽に遠投

気楽に投げて楽なんです!
優良釣具評価術
釣具マニアです。
サーフランダーと言う並継竿が
シマノより発売されました。
サーフリーダーEVSFの後継機種としては
微妙なアクションですが、
ダイワのキャスティズムを意識してる事は間違いないでしょう。
前モデルの話をさせてもらうと
サーフリーダーEVSFはシマノの並継の低価格帯に位置するものですが、
ブランクはシマノの伝統的な切れの有るアクションを継承していて、
反応のよさと、遠投性能の高さは中級機種に引けを取らない性能です。
しかしながら、シマノの並継投げ竿は初心者向きではないこと、
ストリッピング仕様が存在する事からも、
投げのフォームが安定しているようなレベルを
竿の持ち手に要求する竿でした。
その後継機種であるサーフランダーですが
二節目の反発をマイルドにし曲げやすくした事から、
持ち手を選ばずに飛距離を出せるように設計された竿です。
シマノの投げ竿のアクションが好きな人は
反応が悪いと思うでしょうが、
違う角度から考えればそれだけ、
タイミングの幅が広い竿で投げやすくなると言う事です。
サーフランダーのブランクの特徴である
スパイラルX構造(#1を除く)+ハイパワーX構造はマイルドにした分、
捩れに対しての耐性を上げる為に採用したもので
従来のハイパワーⅩ構造にたいしスパイラルⅩ構造を
付加することにより扱い易くもトルクのある
反発と従来のシマノの投げ竿にある指向性のある部分は
そのままと言う事を実現できたのではないでしょうか。
実釣の話になりますが、
せっかく遠投しても、
魚がいる所は近い事が良くあります。
その時は遠くまで投げて近場まで仕掛けを引いてくることは
効率が悪い訳ですから、
軽く投げて近場をねらうことになります、
前モデルのサーフリーダーEVSFはガッンと曲げて
スパンと飛ばすアクションから手加減した投げ方は少しやりずらく、
サーフランダーはこのような場面ではかなり扱い易く疲れないのも魅力です。
付随的なことですが体の切れを
前モデルのように要求されないので
1日振った時の疲れ方の差は歴然とします。
細かい所でパーツの話になりますが、
通常のSVガイドからKWガイドに変更されていました、
KWガイドはガイドのトップ方向に傾斜させラインを
絡み難くさせたものですが、
バット側に一つローラーダーガイドを
配置してラインの暴れないようにしているので、
KWガイドの効果が実感できるほどではないですが、
私のEVSFが通常ガイド部分にPEラインが絡まり、
KWガイドになってしまった事もあるので、
少しでも絡みの確立が減ることなら好感がもてる仕様です。
サーフランダーのシリーズになりますが、
投げ竿としてのシリーズはブランクカラーがメタリックブルーで、
メタリックオレンジのサーフランダーは板シートが付いた
ルアーロッドの位置付けが色濃い竿でしょうか、
Sトロ向きのこのシリーズはまた後で記事に書きます。
柔らかいと言いながら
やはり並継の投げ竿です、
それなりに竿は硬い事は承知しておいてください。

コメント