サイトマスター

高品質、国内ガラスレンズの実力!凄いです。
優良釣具評価術
釣具マニアです。
皆さん!魚が釣れる条件で一番重要なのは何でしょうか?
1に場所
2に地合い
3,4がなくて5に釣り道具
と言われています。
重要なのは場所ですね。
魚が居ないとどんなに上手なアングラーでも魚は釣れません!
逆に魚が付いている場所が判ると
釣具マニアのようなショボイアングラーでも
魚を釣る確立が高くなるわけです。
ショアで魚群探知機という手段がありますが、
オフショアでは魚探をは使えません。
つまりオフショアでは目で探す必用があるわけです。
水中の様子が見れることは魚を発見する事、釣れる場所を特定する事になるのです。
雑誌で良く見るプロの方々ですがサングラスをかけていますが、
カッコをつけている訳ではありません。
彼らがかけているのはサングラスではなく偏光レンズです。
偏光レンズは水面に太陽光があたった
反射光をカットする事で水中の様子が覗けるます。
水中を覗く事で魚の存在、魚が付きそうなストラクチャー、
ベイトフィッシュを発見することができるという事は
5の釣り道具で1の場所を特定する事ができる、
究めて重要な釣り道具ではないですか。
偏光レンズですが色々なメーカーから製品を発売していますが、
どれでもいい訳ではありません!
お薦めはサイトマスター!
どんなプロでも認める偏光レンズです。
サイトマスターはTALEX製のガラスレンズを使用しています。
TALEX社は国内メーカーですが、
大量生産では成しえないような高い精度のガラスレンズを
優秀な職人の手作業で製造していまして、
日本の得意とする職人の結晶みたいなガラスレンズです。
特徴はポリカーボネイトと比べ歪みがなく、偏光度が高い為視界がクリアな事です。
またポリカーボネイトやアセテート系レンズは
650~800ナノメーターの波長(赤色)の光線を完全にはカットできないため、
波頭などが赤くチラつく現象があります。
これは、可視光線透過率が高い程、顕著に現れます。
長時間サイトマスターをかけていると判りますが、
釣りの終了時の疲れ方がまったく違うことに気がつくと思います。
更に更にポリカーボネイトなどのプラスチックレンズは
ガラスレンズに比べると熱などにより変形し易く、
硬度も足りない為耐久性がありません。
すぐには実感できませんが何年かたった時
明らかに劣化の度合いが違うことに驚きます。
最後に唯一の欠点を。
プラスチックレンズに比べ重量が重いことですが、
重さを気になさる人はプラスチックの偏光を選ぶことも選択肢の一つです。
サイトマスターをかけることでお姉ちゃんは釣れませんが、
様々な釣りで魚を釣る確立は間違いなく上がります。
下がサイトマスターが旧製品の為、在庫処分価格です。
カラーは選べませんが安く手に入れたい人はいかがでしょうか。

サイトマスターカラーセレクション
↑ ↑ ↑
自分の好きなデザイン、カラーを選びたい人は下のリンクから
楽天市場のサイトマスターの全種類が選べますが、
カラーを選ぶ基準は上のカラーセレクションのリンクを
貼っておきますので参考にしてくださいね。
↓ ↓ ↓
楽天市場 サイトマスター

コメント