クロステージ ロックフィッシュ 

メバルロッドは値段次第
優良釣具評価術
釣具マニアです。
海釣りの小物狙いで最近各社力を入れているのがメバルロッドです。
メバルロッドですがたとえば、
メーカー違いのロッドを実売価格の安ロッドから高い順にロッドを並べると
価格に比例するようにバット、特にベリーに違いがあるのが判ります。
安いロッドですが、流石に最近ではバッドは張りもあり強いですが、
メバルロッドにあるティップの柔らさが、
ベリー前部まで含めて柔らかく繋がった感じです。
この様なロッドですが自分は嫌いではありませんが、
いわゆるダルイロッドで
振り抜けが悪くスッキリした操作性が実感し難いです。
今度は値段が高くなると比例するようにロッドの張りを実感します。
乱暴な比べ方かも知れませんが、ただ並べて振っただけの印象ですから。
どちらにしても値段の差はロッドの操作性に
実感を持って感じる事がるのがメバルロッドです。
だから値段の高いロッドを買いましょうでは、
貧乏臭い釣具マニアの記事の価値がありません。
話を戻して
安いロッドから高順にロッドを並べて振っていくと、
操作性が急に質が急に変わる所があります。
そう1万円を越えたあたりです。
ベリーのセクションが急に変わります。
今ではバットセクションが強いのは当たり前ですが
ロッドの肝はベリーからティップセクションでありまして、
値段なりに違いが顕著にでます。
クロステージ ロックフィッシュですが
急に操作性が変る価格帯のロッド、
低価格帯と比べるとベリーの張りといい、
ティップのしなやかさが急にいい感じになります。
振り抜けが良くティップの振動もスッと収束していく感があり
かなりの違いを実感できるコストパフォーマンスの高いロッドです。
港湾、堤防などでロングキャストも取り回しやすい標準的なレングスが76
CRS-S762はソリッドタイプ
ジグヘッドで小さい当たりを乗せるのがソリッド。

CRS-762チューブラーモデル
近年多様化するリグ(メバトロ・軽量ジグ・ミノー)に対応する、
よりゲーム性を求めアタリを攻撃的にアワセ、
フックアップする感度重視の釣り方に最適なモデルです。

コメント