カーディフ エリアスペシャル

魚を乗せても掛けても日本一(大げさ?)
優良釣具販売評価術
釣具マニアです。
現在流行というか、認識されている、
エリアフィッシングのロッドはべなべなロッドが標準ですが、
昔は違いました。
かなりシャープで先調子ロッドで
大き目のスプーン、ミノーを投げていたのです.
しかし朝霞ガーデンという所で
朝霞ガーデンロッドというものが使われ始めたの境に、
このべなべなロッドはアングラーに広まって行きました。
そう、今皆さんが当たり前のように投げている
マイクロスプーンを使用した釣は朝霞ガーデンからなのです。
軽いスプーンを飛ばすには、かなり柔らかいロッドが必要です。
それはマイクロスプーンの重さでも竿を曲げる必要があったからです。
そして軽いスプーンを飛ばすためには
抵抗に少ない細いライン使う必要があるのですが
ロッドが硬いとあわせた瞬間にラインが切れてしまう事から、
ロッドを柔らかくする必要性があったわけです。
やがてUFMウエダから発売されたトラウト用のロッドを皮切りに、
色んなメーカーから発売されて今日に至るわけですが
ロッドの性能は日進月歩、
性能の上昇と価格の下落。
私達アングラーにとってはいいのですが、
釣具メーカーさんは大変ですね。
それでですね、コストパホーマンスのいいロッドですが、
先ず紹介したいのはカーディフ エリアスペシャル です。
シマノというメーカー、フラッグシップモデルをリリースして、
製造ライン設備投資の回収が可能になると
大量生産に移行して普及モデルに惜しげもなくその性能を落としこみ、
市場のシェアを奪おうとする企業戦略です。
更なる大量生産で数年前のフラッグシップモデルに
基本性能で準じる製品を格安でユーザーは手に入れるといった按配です。
資本の大きさは新しい技術、特許を盛り込みながら、
更なる生産性の向上により性能に関しては
間違いの無いものが安く手に入ることになるのです。
はっきりいえば、シマノトラウトロッド、
こんな性能でこんな値段ですか?
柔らかいながらも、キャスティングした時の方向性のブレも無く、
バッドまで柔らかいくせに、長めのロットでも反発を感じながらルアーを飛ばしてくれます。
いったん魚がかかり、ある程度加重がかかると、
強靭なバネのようなトルクが生まれ、ロッド全体で綺麗な
ベンディングカーブを描き魚を取り込みます。
強引に巻いてもロッドを折られる心配もありません。
更にカーディフのエリア専用ロッドは魚を乗せることに名人級です。
ティップにUDグラスをコンポジットさせ更に乗せ調子に磨きを掛けた
CI4素材の中空リールシートで感度に磨きをかけ
スパイラルX、ハイパワーXで方向性が高い
エネルギーロスの気持ちの良い掛け調子に仕上がりました
乗せても掛けても一級品にロッド。
村田幹さんが関わるロッドですが、
基本に忠実で悪いものはお勧めしないんですよ。
ほら、シマノ請負人w、
村田基さんが60センチくらいのヒレピンのレインボーかけても、
かなり強引にやり取りしてる、映像を良く見かけるでしょ、
ロッドをよほど信用してないとあんなことできませんよ。
もし、エリアフィッシング用トラウトロッドの購入を考えている方がいましたら
お薦めいたします。
62XUL-F
乗せ調子のXUL ファーストアクションモデル。しなやかなティップと張りを持たせたベリーにより積極的に掛けていく攻めの展開も可能。
また、軽量・高感度なエアフェクトシートの採用により表層~ボトムに至る繊細なスプーニングゲームを高次元でサポート。

62SU
エリア攻略の基軸となるSUL。マルチパーパスな性能はスプーニングからエリアプラッキングまで幅広くカバー。
掛けた後にベリーまでスムーズに移行するアクションでありながら大型とも十分渡り合えるバットパワーを備える。

62SUL-F
パワーを備えたSULファーストアクションモデル。小型ミノーのトゥイッチングやヘビーウェイトスプーンのロングキャスト等に最適なロッドアクション。
軽量且つ取り回しし易い6ft2in は大型狙いのメインロッドとなるポテンシャルを備える。

66SUL-F
ロングキャスト&ハイパワーモデル。違和感を与えない為のしなやかなティップと、エリアに潜むモンスターと勝負する為のバットパワー。
ハイパワーX+スパイラルXのW構造が高いキャスティングアキュラシーを発揮。

コメント