オシアAR-C

剛竿!飛びの一撃
優良釣具販売評価術
釣具マニアです。
干潟のシャローゲーム、サーフのショアフィッシングなどで
シャローに上がってくるお魚ちゃんは
捕食を意識した、やる気のあるお魚ちゃんです。
やる気のあるお魚ちゃんはデカイルアーが大好きです。
やる気のあるお魚ちゃんは広範囲にうろうろしていますから、
遠くまで広範囲に探れたほうが出会う確立が高くなるので、よろしいのではないかと。
つまり遠くまでルアーを放り投げる必要性があるわけです。
誤解しないで欲しいのはショアからルアー投げて岸にまでルアーを巻いて来る。
アタリがあるのは岸に近づいてからが多いのですが、
岸近くに魚がいるわけではありません。
沖で見つけたルアーを岸近くまで追てきて、
岸に追い詰めて捕食が容易になったと錯覚してバイトが発生するのです。
つまり、沖にいるシーバスを岸近くでバイトに持ち込めるのは、
より遠くまルアーを送り込んだからなのです。
では、ルアーを遠くまで飛ばせロッドということでは
現行ではシマノのAR-Cが面白いと思います。
シマノ得意の投げ竿に使われた遠投理論をルアーロッドに落とし込んだのがAR-C。
並継ぎ投げ竿と同じ3ピース、逆並継ぎの急テーパー、
分厚いブランクに反応速度の高い高級カーボンプリプレグ。
飛ばすための、タフなティップに2番節。
コンセプトはダイワのキャスティズムに近い。
いやいやAR-Cの方が元祖ですぞ。
シーバスロッドと言うよりも何でもできるソルトウォーターロッド、
ショアジギング、シーバス、エギ、ライトな投げ釣り、
大型ミノーによるフラットフィッシュ狙いまで。
シマノの切れのある胸のすくようなキャストフィールを味わってみませんか。
カタログ落ちしたのでAR-Cを手に入れるのはこれが最後かもしれませんが
万能受けしないのでコンセプトを理解した上手に入れたほうがよいかと思います。
でも価格が高な~~

コメント