ウェーダー選定ガイド

シャローエリアで効果があるのがウェイディングです。
先ず岸からキャストができない葦の裏、沖目のブレイク、杭と今まで狙えなかったポイントが増えるからです。
更に自分がウェーディングで行ける所なら根がかりしたルアーを回収できます。
その為 普段は気にしてタイトにポイントにルアーを投げ込めない人でも思いっきり狙ってキャスティングができます。
つまり釣れる確立がグンと広がり事!
クリアウオーターは底が確認できますが、霞ヶ浦などの濁った湖は慎重に急なかけ上がり水没してしまうからです。
その為ウェーダーは胸まで余裕があるチェストハイウェイダーがお薦めです。
ナイロン製チェストハイウェイダー
激安です。
耐水性能は高い
外側のナイロン生地と内側のPVC(ゴム)のラミネートした生地なので発汗した汗が溜り易く気持ち悪くなる。
気温が高い夏はかなり暑さを感じる。(炎天下でひざ下くらいのシャローエリアは水によるクールダウンが効かないので多分地獄
春、秋向き
ブーツフットタイプしかありません。


Mサイズ 激安です。まずウェーディングしたい人向き

Lサイズ 激安です。まずウェーディングしたい人向き

LLサイズ 激安です。まずウェーディングしたい人向き

透湿性素材チェストハイウェイダー
高価
水は通さないが水蒸気は通すために蒸れに強い、いちど使えば判りますが水蒸気を通さないウェイダーを着た場合ズボンが小便を漏らしたようにベチョベチョになります。
特に渓流のフライフィッシングでは川沿いを釣歩くためアップダウンが激しく大量の発汗が伴います。
その為渓流のフライフィッシングは透湿性素材のウェイダーが必須の条件になります。
ゴアテックス製
ゴアテックスは水分子より小さく水蒸気分子より大きな穴が無数に開いた膜でできた生地(メンブレイン)のことですが、これだけでは生地がボロボロになってしまいますので、ナイロンとナイロンの真ん中にゴアテックすの生地をサンドイッチ状にラミネートしたのが一般的です
3レイヤーと呼ばれ生地が3階層になっている物でウェイダーは作られます。
防水性と透湿性は一番高い


Sサイズ ハードシェルウエアで有名なモンベルのウェイダー

Mサイズ ハードシェルウエアで有名なモンベルのウェイダー

Lサイズ ハードシェルウエアで有名なモンベルのウェイダー

XLサイズ ハードシェルウエアで有名なモンベルのウェイダー

激安M、Lサイズ ブーツフットタイプ リバレイ日本国内で縫製の完全ジャパンブランド

Sサイズ ブーツフットタイプ リバレイ日本国内で縫製の完全ジャパンブランド

LLサイズ ブーツフットタイプ リバレイ日本国内で縫製の完全ジャパンブランド


モンベルはストッキングタイプ 渓流などのアップダウンが激しい所にも使えます。シューズを別途買う必用があるのですが、どの様なシーンでも対応が可能。*シューズはウェイダーを履いた状態でサイズを選ばなければならないので、ネット販売からの購入は注意が必要です。
リバレイはブーツフットタイプ 底に起伏が少ない湖、干潟のシーバスフィッシングに向いています。シューズを買う必要性はありません。
ウェイダーの着脱も簡単なのが特徴です。
エントラントGⅡ/XT
多孔質コーティングタイプ
ポリウレタン樹脂などを織物や編み物の裏側に直接コーティングした加工。安価ですが他に比べ多少透湿性に劣るといわれます。耐水性はゴアテックス比べるとかなり劣ります。
長期の仕様ならメンブレインのゴアテックスが補修により性能の復帰 ができるのですが安価な透湿性素材が欲しい人にはありがたい素材です。


Sサイズ 透湿性素材エントラントGⅡ/XTを使ったチェストハイウェイダーブーツタイプ

Mサイズ 透湿性素材エントラントGⅡを使ったチェストハイウェイダーブーツタイプ

Lサイズ 透湿性素材エントラントGⅡを使ったチェストハイウェイダー ブーツタイプ

コメント