アルテサーノ キャステイシア

最高素材だ!国内生産フラッグシップロッドの実力
優良釣具販売評価術
釣具マニアです。
釣竿に限らずカーボン素材の製品、自転車のフレーム、航空機、自動車シャフトetc.
の出荷量か量が増えていきますと、
数の経済性といいましょうか、カーボンプリプレグの価格自体も下がってきます。
このプリプレグですが、最初にエポキシ樹脂が染み込まされていて、
これに熱を加えることで、硬化する基材のことをいいます。
値段が下がってきたと言いましてもロッド価格の全体に占める割合は高く
プリプレグが高価な事には変わりはありません。
更に弾性率が高く、低レジンのカーボンプリプレグ。
この中間素材を作れるメーカーは少なく非常に高価な素材なんです。
メーカでこの素材の呼び方は違いますが、
ダイコーさんですとピュアカーボンプリプレグ。
最高品質のカーボンプリプレグのことです。
この素材、値段もさる事ながら管理・加工に非常に熟練を要します。
何しろ-10℃以下で保管しないと勝手に硬化してしまう素材ですし
しかもブランクスのセクションに合わせて弾性率の違う
ピュアカーボンプリプレグを積層していくには非常に高い技術が必要です。
しかも値段が更に高いボロン素材を加える事で
カーボン素材ではなし得ないトルク、粘りを出してます。
アルテサーノ キャステイシアは大きな魚も余裕で取り込める理由として
ボロンにより曲がりの限界点が高いことが一因です。
違う素材を多重積層、しかも扱いの難しい素材ですから
中国の工場にはは任せる事ができない為
国内生産なんですね。
素材の話はここら辺で。
高弾性、低レジンの筋肉質なブランクは高反発で反応速度が高い為、
遠投性能は高いです。
ルアーを乗せきった時の飛距離は脅威、
1ランク重いルアーも違和感無く投げられます。
手元に重心がきているせいか、ティップが軽くキャストフィールは秀逸。
感度も高く、魚が掛かってから余裕で寄せる事ができるリフティングパワーは流石です。
アルテサーノ キャステイシアは高いだけにハードユーザーにお勧めしたいですね。
何でかですか?
使えば使うほど、ころロッドの良さを再発見します。
少し使っただけでは分からない奥の深いロッド。
アルテサーノ キャステイシアを使い込んでみてください
値段だけの価値はあります。
アルテサーノ キャステイシアは強さと硬さの違いや、
しなやかさと粘り強さなど、微妙な差異を形而上でも、
表記が必要になるものがあることなどからパワーNo.方式を採用
下が対照表になります。
アクション      Power No.
L           #-05
L-ML         #-06
ML          #-07
ML-M         #-08
M           #-09
M-MH         #-10
TMACS-82/05

張りをもたせつつも、手元までナチュラルに曲がりこんでくるようなしなやかさを感じさせるブランク組成は、シリーズ中の他のモデルとは明確に異質な特性を備えています。軽負荷から高負荷時のパワーゾーンのスムーズな移行にはひとかたならぬこだわりを凝縮。15g前後までのミノーイングへの偏執的なこだわりを具現化したスペシャリティモデルです。撫でるようにミノーを操るような独自の使用感。ドラグに頼らない、ライトラインを用いたやり取りにも最大限の性能を発揮します。
TMACS-93/06

シャープかつしなやかな特性の軽量ブランク。湾岸領域での概ねのシーバスゲームをカバーし、特にファストリトーリーブ時の絶妙なフックセットパフォーマンスを発揮します。ピュアカーボンプリプレグを細身・肉厚にプライアップしたブランクは、繊細さと軽快な操作性を備えています。バットセクションにパワーを蓄えつつ、しっかりと曲がりこむことで、ストレスのないキャストフィールを発揮し、ファイト時のフックアウトも軽減。ターゲットを不必要に暴れさせることのない、スムーズな寄せと、確実なランディングを実現します。
TMACS-77/07

湾岸・ランガン仕様ともいえる、ショート&シャープモデル。ロッドワークに機敏に呼応する張りを持たせた、レギュラーファストテーパーに設計。都市部運河などに代表されるクローズドウォーターはもとより、ミッドレンジまでのスポットシューティングに最大限の性能を発揮します。明確なフックセットレスポンスの高さを誇り、一般的なあらゆるスペックのシーバスルアーに対応する、ユーティリティをも備えています。
TMACS-89/08

俊敏にして剛、シリーズ特性を最も色濃く表しているのがこのモデル。幅広いルアーローテーションに対応する、オールコンディションモデルの新機軸です。爽快なキャストフィールを備え、積極的なロッドアクション、タイトなランニングコントロールが求められる場面での操作性を重視したファストテーパー。狙いすましたビッグフィッシュへのアプローチのために、わずかに伝わるバイトを捉える高感度なティップと、強靭なベリー~バットセクションで、重量級の走りをも吸収、アングラーから主導権を奪わせません。
TMACS-96/08

剛柔の相反する特性を併せ持ったスタンダードモデル。広大なシャローフラットから、テトラ帯に至るまで、フィールドを問わない優れた汎用性を備え、あらゆるシーバスゲームをカバーします。広範囲を効率的に攻略することと、強風など過酷な条件でのゲームの展開を考慮。キャストフィールを突き詰め、優れた軽量バランスを実現していることで、安定したキャスタビリティを実現。特に、このクラスのロッドで多用される、ミドルクラスまでのミノーイングにおいては、至高の使用感を発揮します。
TMACS-107/09

全国のサーフ、大河川、岩礁帯を舞台に、爽快なキャストフィールとレングスを感じさせないアキュラシーの高さを発揮。振り調子では、やや、軟らかさを感じさせる仕上がりとなっていますが、キャスト時のティップセクションの収束の早さはそのまま、負荷に対して、強力なリフティングパワーを発生させるシリーズ共通の特性を示します。高弾性素材を細身に仕上げた繊細さは、ナイトゲームにおけるミドルクラスのミノーイングに優れた特性を示し、ビッグフィッシュの重量感ある走りを柔軟に受け止めます
TMACS-100/10

より遠くへ、より深く。一見、“硬過ぎではないのか?”と感じる方が多いでしょう。ですが、圧倒的なキャスタビリティと強風・逆風下でもシャープなキャストフィール、そして、ターゲットと対峙して初めて分かる、程よく曲がりながら、ジワリジワリと溢れ出るリフティングパワーを体感していただいた瞬間に、このモデルに対するイメージは一変するはずです。特筆すべきは卓越した高感度特性と、鋭いフックセットレスポンス。ティップからバットエンドまで、一貫した張りの強さを持たせ、テールスピンジグやバイブレーションプラグでの“ロング&ディープレンジ”攻略に特に優れた適性を示します。

コメント

  1. はやちゃん より:

    始めまして^^
    興味深く読ませてもらいました!!
    実は忘れられないロッドが一本あります
    それはダイワのバスロッドで
    アモルファス・ウイスカーのトップウオーターロッドです! トップに限らずクランクからラバージグまで難なくこなし 且つ魚がかかれば、きっちりとしなってくれるロッドでした!!
    それに似たようなバスロッドが有りますでしょうか? 探してはいる物の実際にフィールドに出ないとわからないものですから・・・

  2. 風来坊33 より:

    こんにちは
    やっぱりダイコーはいいですよね。
    以前に使ったプレミアブロスはよかったですよ。またシーバス始めようかなぁ・・・